一緒に走ってくる足音

高校時代の頃の話です。

バスケ部だった私は、次の日がインターハイ予選ということもあり、緊張からか全然寝付けませんでした。
早く寝ないと!と思えば思うほど、眠れずに時間だけが過ぎて行きました。

・・・3時頃、全然眠れず、というか眠くもなく、とにかく頭の中は明日の試合のことと、早く寝なければの二つだけでした。

軽く汗を流して強引に寝ようと思い、赤いTシャツに着替え、外を走ることにしました。

20分程度走ったでしょうか。
梅雨時ということもあり外は異常にジメジメしていました。

程よく疲れて来たし、早くシャワーも浴びたかったので、近道をしようと思い、普段のランニングコースを外れて住宅街の中を通りました。

その住宅街はちょっとした森に面しており、真っ暗闇の中、左側の森と右側の住宅街を挟む、細い遊歩道を走っていました。

その遊歩道に入ってしばらくすると、突然悪寒が走りました。
頭の中では嫌なこと(オバケとか・・・)を考え始めてしまいました。

ふと、自分の走っている足音がおかしいことに気づきました。
自分の走っている足音と、もう一つ明らかに違う足音が、ペースを合わせようと、付いてくる感じで不規則に聞こえてくる!
小心者の私はとても怖くなり、走っている足を早めました。

当然、息も上がります。

すると今度は自分の呼吸とは違うリズムの呼吸が後ろの方から聞こえます。
まるで犬に追いかけられているような感じ、と言っても追いかけられたことはありませんが。

しかし、徐々に後ろから聞こえてくる呼吸がだんだん近くなって来ます。
だんだん、だんだんと・・・。

変質者かな?とも思ったのですが、うなじのあたりに生ぬるい呼吸を感じ、それは変質者どころか、人の呼吸とは思えませんでした。

ひどく土臭いのです。
しまいには、吐息は耳元で聞こえます。

全身に鳥肌が立ちました。
そして、恐怖に我慢できなくなり、ついに振り返りました。
しかし、そこには何も無く、呼吸も足音も、自分のものしか聞こえなくなりました。

少々ビビりすぎた自分が恥ずかしくなり、ホッとしてまた走り出しました。
ふと、右側の家にある、大きなガラス張りの窓を見てしまいました。
遊歩道に面していることもあり、厚手のカーテンか引いてありました。
・・・当然、自分がその窓に映ります。
もちろん映ってました。

最初は気づかなかったんです。
赤いTシャツで首にタオルは、いつも走っている時の服装でしたので。

でも何処かで違和感を感じたんだと思います。
横目に大きなガラス張りの窓を見ながら、再度走り出しました。
私はガラス窓に映った、走る自分を見て腰を抜かしそうになりました。

違和感は、タオルでした。
タオルだと思っていたのは、ザンバラ髪の女の上半身でした。
私にしがみついていたのです。

首に巻いていたと思ったのはその女の白い腕でした。

走りながらだし、窓に映った姿なんて見間違えだろ?と思うかもしれませんが、私にはそれが女の上半身としか思えませんでした。
この日はタオルを忘れてたんです。

そして何より、走るリズムに合わせてザンバラ髪を振りながら、頭部がガクンガクン揺れてたんですから。
・・・いつの間にか追いつかれてたみたいですね。

その後は、膝も腰も立たなくなりながらも、逃げるように帰りました。
結局一睡も出来ず、試合もボロ負けでした・・・。

後にも先にも、自分の体験したのはこれだけです。
今でも憑いてるかもしれませんが・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!