マツモトさんが迎えに来る

もう6年前の話になります。

夜中に玄関から声が聞こえるため、母が何事かと思い、とりあえず力になりそうな俺を起こして、二人で玄関に行くと、曾祖母が一人で玄関に向かって喋ってました。
90歳を越える祖母は、普段は介護が必要で、なかなか一人では歩けない人でした。

「誰と話してるの?」と母が尋ねると「マツモトさんが、タンスを買ってくれと言って、買わないと答えてもなかなか帰ってくれない」と言いました。
玄関を見ても真っ暗で、もちろん誰もいません。

寝ぼけてるのか、そう思った俺と母は、

「とりあえず部屋に戻ってゆっくり寝ましょう。マツモトさんには私から断っておきます」

そう言って母は「すみません、マツモトさん」と誰もいない玄関に向かって曾祖母のために演技をし、俺は曾祖母を部屋に連れていきました。

次の日の昼間、曾祖母は突然の心停止で亡くなりました。
今から思うとあの出来事は、あの世からの迎えが来たとしか思えません。

後日談ですが、マツモト家具という店が、曾祖母の育った家の隣に昔あり、戦後の不況などで一家は夜逃げ同然でいなくなったそうです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!