今も忘れられない悲鳴

学生時代の頃にあったバイト先での話です。

駅前にあるビルにテナントの中に入ってたゲーセンで働いていたんですが、1階と2階が店になってて、地下はバイトの休憩所と物置になってました。

そのビルは10年ほど前に閉鎖されたデパートを買い取ってテナントとして借りていた店舗で、店として使っている場所の他は廃墟化し、ゴミや残骸が放置されていたりして、気味の悪い場所でした。

その日はシフトの都合で私は一人で休憩となりました。
夕食をコンビニで買って、薄暗い地下の休憩所で食べていました。

休憩所は昔は食料品売場だったと聞いていましたが、今は店などは取り払われていて、隅の方には瓦礫が無造作に積まれていました。

とてつもなく広い地下の元食品売場は、自分たちが使う一角以外は蛍光灯もなく、薄気味悪くて早く休憩が終わって戻りたい気持ちがありました。

以前からバイト仲間には「ここは出る」とか「あいつが辞めたのは見ちゃったからだ」と嫌な話を聞かされていました。

一人きりでそんな所にいるのは気持ち悪かったのですが、まだ夜も遅くなかったので平気だろうと自分に言い聞かせながら、気持ちを落ち着かせるためにも、あとはあまり考えないようにしていました。

コンビニ弁当を食べ終えた時でした。
遠くの方で何かカツーンと倒れる様な音がしました。

不吉な感じがして、薄暗い中で奥の方を見ました。

「・・けて~・・けて・・」と、子供の声が聞こえました。

ヤバいと思い、一階にある店に戻ろうとして椅子から勢い良く立ち上がりました。

その瞬間!

ダーンと鉄扉を叩くような音がして金縛りの様になってしまい、体が全くといっていいほどに動けなくなってしまったのです。

冬だというのに、暑くもないのに汗が流れ落ちるのが自分で分かり、自分の声だけが切れぎれに聞こえてきました。

「~けて~~けて~~けて~~けて~・・・」

そして一瞬、声が聞こえなくなり、突然背筋にもの凄い寒さが走るとドン!ドン!ドン!!!

という鉄扉を叩く音と共に「開けてー!開けてー!開けてー!開けてー!開けてー!開けてー!開けてー!開けてー!開けてー!開けてよー!開けてよー!」

子供の叫び声が自分のすぐ後ろで聞こえたのです。
その瞬間は金縛りが解け、後ろを見ずに店へと逃げ戻りました。

逃げている間もずっと扉を叩く音と声は響き続けていた様な気がします。
階段を駆け上がり店に戻ると、私の異変に気付いた他のバイト達が近づいてきました。

「どうした!」とか「出たのか?」と蒼白だった私に聞いてきました。

ですが荒い息も整わないうちに店の社員が来て、私を事務所へと連れていき、色々と話を聞かせはじめました。

昔デパートの食料品売場だった時、冷凍庫の中に子供が閉じこめられる事故が起きた事を聞かされれました。

しかし、そのテナントにはすぐ本社の社員が上の階に入ってきたり、地下にも他のテナントが入る予定だから余計な事は言わないように、と口止めされました。

数ヶ月の間、バイトは続けていましたが、今でも時々あの地下の休憩所と、あの時の悲痛な叫び声を夢に出る事があります。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!