人の死に目を見るのが怖かった

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

これは高校生の時。

父方の祖父が、もう余命幾ばくもないと医者から言われました。
入院先で顔を会わせた祖父の辛そうな顔が忘れられず、一度見舞いに行ったきり、私は頑なに面会に行きませんでした。

祖父は私から見ても、孫のなかで私を一番可愛がってくれていたため、余計、衰弱していく姿を見るのが怖かったんだと思います。

ある夜、祖父の面倒を見ている叔父から電話があり、「今日明日が峠だ」と知らされました。

祖父の入院している病院は電車で2時間はかかるため、とかく父だけは死に目に間に合いたいと、急いで支度して出ていきました。

家に残った母と私たち子供は、祖父のことを思いながら、その日だけは母の元にみんな集まって、寄り添って就寝しました。

その時私が思っていたのは、なんで祖父に会いに行かなかったのか・・・という後悔でした。
動物も飼ったことがなかったので、生き物の死を目の当たりにするのが怖く、大切なものを見落としてしまっていたことに後悔しました。

そうこう考えていたら、なかなか寝付けず、家族が寝息を立てるなかで、ひとりもぞもぞ寝返りを打っていると・・・「ぎゃあああああああ!!!!」と、突然、誰もいないリビングから男の大きな叫び声が聞こえました。

私はビックリして、「えっ何?!誰!?」と叫びました。

真夜中に、誰もいないところから男の声が聞こえれば、どんなに深く寝てたって起きるだろうと思うのですが、母も姉も、全然寝てるのです。

もう怖くて怖くて母を揺り起こしました。

母は普段眠りが浅く、人が歩く音にすら目を覚ますような人なのに、このときは数分揺り動かしても反応がなくて、ただただ私だけが恐怖の最中でした。

二人を起こして「男の叫び声がした」と話すと、3人でリビングを見に行けど、誰もいない。
窓も開いてない、変わったところもない。
寝ぼけたんじゃないか?と言われたが、そんなことはなかったと言いつつ、本当に何だったのかわからない。

そうこう問答をしている時、父から電話があり、祖父がつい先ほど亡くなったことを知りました。

母が私が体験した出来事について話すと、父は電話越しに泣きながら、その時のことを教えてくれたそうです。

祖父は亡くなる寸前に目をカッと見開いて、大きな叫び声で誰かに向けて言っていたようだと。

あの声は、祖父のものだったのだと私も思います。
叫んだ内容は誰も分かりませんが、あれは薄情な私に対しての祖父の怒りだったのではないかと、心底後悔をしました。

後日、お葬式がしめやかに行われました。
祖父の小さな亡骸と対面して、私はたくさん謝罪しました。

『怖がって会いに行けずにごめんなさい。もっと生前に孝行すればよかった』と。

子供みたいに泣きじゃくる私に気を遣って、みんなあまり話しかけてきませんでした。

会場の端っこでひとりぼうっと佇んでいたところに、親戚と小さな女の子がトコトコっとやってきて、私にこう言いました。

女の子:「おじいちゃんがね、こっちおいでって行って、呼んだからね、◯◯が聞いてきたよ。怒ってないよ、幸せにおなりって」

その子の親(親戚)が言うには、目を離した隙にどこかに行ってしまって探してたら、ホールの窓辺でお喋りしてるのを発見。
で、てっきり葬儀場の人と話してると思ったら誰もいなくて、話してた内容を聞いたら「おじいちゃんに会った!」って言い張る・・・。
どうかとは思ったけど、私のところに連れてきてくれたそうです。

子供のほうがやはり霊に近いんですかね。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!