幽霊から説教される

とある友人に聞いた話。

彼は大学に入学してから念願の一人暮らしを始めたが、張り切っていたのは最初の頃だけで、すぐにだらけた生活を送るようになった。

昼過ぎに起きて夕方までダラダラと過ごし、アルバイトに出かける。
深夜まで働き、バイト仲間と少し遊んで明け方に帰宅する。
そしてまた昼過ぎに起きるーー。
本分であるはずの勉学が入る余地のない生活だったという。

当然、一回生にして留年が決定した。
実家にも留年通知は届いているはずだ。
さて、なんと親に言い訳しようか、いっそのこと退学して働いてもいいかもしれない、など親不孝に考えながら、いつものように明け方帰宅した時だ。

普段なら素通りのはずのアパートの集合ポストに、ふと目が止まった。
自分の部屋番号のポストから、何やら白い紙がはみ出ている。
抜き出すと、それは一通の封書だった。

差出人の名前はなかったが、彼は宛先の筆跡に目を留めた。
その達筆な筆文字は、亡くなった彼の祖父のものとよく似ていたのだ。

まさか、じいちゃんからじゃないよな?

冗談半分でそう思いながら、部屋に帰って封を開けてみた。
丁寧に三つ折りされた便箋を開くと、「おまえは、なんばしよっとかぁ!!」と、聞き覚えのある怒声が響き渡り、彼は腰を抜かした。

それは確かに、亡くなったはずの祖父の声、叱り方だった。
怒声は一度きりで、その後は何も起こらなかった。
恐る恐る便箋を見ると、そこには何も書かれていなかったという。

彼はその後、両親に頭を下げて学業を続けさせてもらった。
心を入れ替えて励み、学部を首席で卒業したという。

「今でも、気が緩みそうになるときは、あの手紙を開くんだ。祖父はちゃんと叱ってくれるよ。ただ最近、力が弱くなったのかなぁ、その勢いも声も小さくなってね。開いたら音楽が鳴るクリスマスカード、あるだろ?あれが古くなった感じでね、笑えるよ」

笑える、と言いながらも、彼は少し寂しそうだった。
私は大人になっても叱ってくれる存在があることを、羨ましく思ったのだった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!