研究熱心な幽霊?

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

とある民宿で聞いた話。

そこは昭和の初めが創業という、小さいが歴史のある民宿だった。
民宿には創業当時から続く不可思議なことがあった。
それは、毎年決まった日の早朝、玄関に見知らぬ履き物が二足並んで置かれている・・・というものだった。

民宿なので、人の出入りは多々ある。
はじめのうちは、夜中に宿泊客が酔って出入りしたのだろう、と気に留めなかった。しかし、その履き物は宿泊客のものでもなければ、従業員のものでもなかった。
民宿のどこにも、持ち主がいないのだ。
単なる忘れ物かもしれないが、前夜玄関を見回りをした際は確かになかった。
朝になると忽然と現れるのだという。
しかも、履き物が現れる日は毎年決まっていた。
年に二回、同じ日の朝、まるで決まりごとのように出現するのだという。

現れる日にちが分かっているなら、と前日に夜通し見張りをしたこともあった。
しかし、見張りがちょっと目を離した隙、それこそ一瞬の隙をついて、履き物は姿を現した。

何かの祟りかと、何件かの寺社や霊能力者にお祓いを依頼したものの、原因も分からなければその現象が止むこともなかった。

民宿の主人は、最初のうちこそ躍起になって原因を突き止めようとしていたが、やがて疲れたのか呆れたのか、履き物が現れるに任せるようになったという。

履き物は、現れるだけで悪さは全くしないのだから、あるのかもわからない原因を探すより、受け入れてしまったほうが賢いのかもしれなかった。
こうしてその民宿では、今も決まった日に履き物が現れ続けているのだという。

私:「また、不思議な話ですねぇ」

私は主人にそう言った。
彼はこの民宿の三代目で、子供の頃からその怪現象に出くわしているという。

私:「いったい、いつその履き物は現れるんですか?」

私の問いに、主人はイヤイヤと苦笑した。

主人:「残念ながら、それはお教えできません。うちも客商売ですからね。ただ、何かの記念日とか語呂合わせとか、因縁めいたものは全く分からない日にち、とだけ。祖父も父もその日にちについて調べていましたが、いったいどういったものなのかはさっぱり分からずじまいです。僕に至っては、その日は履き物の日、くらいにしか思っていませんよ。本当に、現れるだけで何にもしないんですから」

私:「その、現れた履き物って、どうしてるんですか?」
主人:「昔は毎年お祓いをしてもらっていたそうですが、段々面倒になったんでしょうね。今では、正月に古いお守りなんかと一緒に焼いてもらっていますよ。神社でやってもらっているから、悪いことはないでしょう」

主人はそう言ってカラカラと豪快に笑った。

主人:「感心するのはね、履き物がちゃんと時代をわかっていることですよ。祖父の代に出てくる履き物ってのは、下駄や草履が多かったそうです。今じゃ、ハイヒールや革靴はもちろん、裏にモコモコがついた流行りのブーツ、あれが出てきたこともありましたからね。狐狸の類か幽霊かは知りませんが、研究熱心なことです」

その話に、モコモコブーツの正式名称がわからない私も、大いに感心したのだった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!