貰ってはいけなかったタンス

俺のおじさん話してくれた話。

俺がまだ小さい頃だ。

俺たち家族は引っ越したらしい。
そこで家具とか荷物を新居に入れているとき、ちょうどお隣さんが引っ越すみたいで家具をまとめたりしていた。

おじさんとかが荷物入れている最中にお隣さんのお兄さんに声をかけられたそう。
どうもお隣さんのおばあさんが他界してそのおばあさんが使っていたタンスが理由は分からないが捨てるに捨てれないらしい。
それで俺たちに使って欲しい、と普通なら気味が悪くてお断りするんだが、おじさんは断るのが苦手な人だったらしく家具をもらうことにした。

でもそのタンスがお隣さんのおばあさんの物ってことはおじさんが気を使って誰にも言わずに家に置いたらしい。

その夜、俺はどうもぐずっていたみたいで、うるさいから寝かされた。
タンスのおいてある部屋・・・。

しばらくして俺が叫ぶように泣いているので親とかが飛び起きて見にきたらしい。
そこで俺にどうしたのか聞くと、「タンスのところにおばあさんがいる!」と俺が言ったらしい。
そこでおじさん人生で一番ゾクッてしたそう。

そのあとは夜中なのに業者に来てもらってそのタンスを持っていってもらったんだと。
ちなみに俺はそのときの記憶はまったくない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!