まだずっとトンネルで彷徨っている

この話は地元の心霊スポットとして有名なトンネルに行った時の話です。

そこには遠足や、ちょっとした遠出での寄り道として普通によく通っていました。
随分前ですが、中学生の頃、遠足でそこを訪れた時、友人3人と並んでそのトンネルに侵入。
中は薄暗いのですが、そんなに距離もないしいつも通っていると言う事と、普通に何人もの人が通っていたので、特別恐くはありませんでした。

ところがトンネル内の途中で、一人で歩く4~5歳程度の男の子を見つけました。
親も居ないみたいだし、つい目で追っていました。

その子からは嫌な感じはなく・・・寧ろ温かいような懐かしいような感覚がその時したと思います。
特に気にせず、そのまま出口に向かいました。

そろそろ出口付近だと言う所で、今度は白いワンピースを着た髪の長い女性を見かけ、
この時はなんとなくですが「あぁ、この人は生きてない」そう思ったんです。

その人は悪寒の塊のような感じがして、体全体が彼女を拒否しているかのようで、ともかく気持ちの悪い人でした。
と言っても、顔は見えてません。
ぱっと見は綺麗そうでした。
雰囲気が気持ち悪いのです。

そしてその人を通り越した所で、何故か凄く後ろを振り向きたくなりました。
背中はゾクゾクと寒気が走っているのに、駄目だと脳が訴えているのに、どうしても後ろが気になるのです。

もう、無理だ・・・。

そう思い振り向こうとした瞬間、袖を引っ張られるような気がして下を見てみると、トンネルの途中で見た男の子がいました。
とても悲しそうな顔をしてこちらを見ています。

何で?と思った瞬間、声が頭に響きました。

「見ちゃ駄目だよ、お姉ちゃん。帰れなくなっちゃうよ僕みたいに・・・。」

そう頭に言葉が響き、聞き終えた瞬間涙が流れてきました。

何故かはわからないのですが、トンネルからだいぶ離れるまで涙は止まりませんでした。
涙が止まるまで、背中にはずっと悪寒にも似た寒気が走っていましたが、おさまるまでその男の子は袖を引いて一緒に歩いていてくれました。

そう言えば、その男の子は友達や、同じ学校の人達には見えていなかったみたいです。

同じ班の友達が心配してくれていたのですが、その時の私は泣くばかりで何も言えませんでした。

寒気が通り過ぎた後、男の子も消えてしまったのですが、私はあのトンネルに帰ったんだな・・・そう思いました。

その後は無事に遠足を終え、バスで帰りました。
帰りのバスの中で、霊感があると言っていた友達が・・・「あの子が助けてくれたんだ、良かったね」と急に声をかけ言ってきて、さらに「あの子も一緒に帰らせてあげたかったね、きっともう随分と前からあそこにいるんだよ。○○(私の名前)みたいな子を、ずっと前から助けてあげているんだろね」と。

私:「・・・・・・誰から?」

私はなんとなく分かっていましたが、聞きました。

友達:「あの般若のような顔をした女からだよ・・・連れて行きたかったみたいだよ、あんたの事」

私:「・・・えっ・・・!?」

その言葉を聞いて、私は口を開けて暫し放心状態になっていました。

霊感の強い彼女にはしっかりと見えていたらしいです。
般若のような恐ろしい形相の女が、物欲しそうに私を見つめながら、後を追いかけていた姿を・・・。
女は暫くしたら諦めたようで、トンネルに帰っていったそうです。
きっと男の子が消えた時の事だと思います。

あの男の子が何者何かは分かりません、調べる気もありません。
ですが、その日以来そのトンネルを通っても、男の子もあの女も見ることが出来ませんでした。

あの女には出会いたくないですが、男の子だけには、どうしても会いたかったです。
会ってお礼が言いたかった。

その時以外、私には霊的出会いは何もありません。
でももう一度だけ・・・もう一度だけで良いので、あの子に会いたいです・・・。

怖くないかもしれませんが、私にとっては洒落にならない話しでした。
最後まで見てくださり、有難うございました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!