まだ口の中で蠢いていた

幼稚園に通ってた頃の話。

当時、俺の通ってた幼稚園は小さい木に囲まれたとこで、そこには蛾の幼虫とか得体の知れない毛虫とかがたくさんいた。
んで、なぜかその幼虫捕りがやたら流行ってて、砂場とかで使う小型シャベルなんかでひたすら幼虫取りをしてた。
まあ、たくさん捕まえても最後は捨てるんだけど・・・。

ある日、友達のAが誤って蛾の幼虫を飲み込んでしまう事件が起きた。
俺たちはAを心配したが、Aは強がったのか格好つけたかったのか分からんが、「幼虫うまかった!」と俺たちに言って余裕さをアピールした。

そんなことがあって、今度は度胸だめしに幼虫を食べることが流行りだした。

食べない奴は勇気がないと思われ、意気地なしといじめられた。

ある時、Aが「俺は何匹でも食えるよ!今日の給食の時間に20匹食う」と宣言した。
凄い!と歓声があがり、みんなで手分けして給食までに20匹の生きた蛾の幼虫を捕獲した。

そして給食の時間。
Aは山盛りになって蠢いている幼虫を口いっぱいに含んで、みんなのほうを向きもぐもぐ口を動かした。

何匹かが口から落ち、白い汁がAの口から滴った。
その時、奥から給食を持った先生が現れて何か食べているAに向けて「おやつを持ってきているのは誰!?」と大声で怒鳴った。

その声に驚いたAが、口の中の幼虫をゲェッと吐き出した。
潰れた幼虫の塊がクチャっと床に落ちる。

先生は悲鳴を上げてその場に倒れ、事態を知らない他の子たちは何人かが吐いた。

それからというもの、幼虫取りは禁止。
Aやその事件に関与した人は全員怒られた。

今でもたまに、白い液を口から垂らしたAの姿を思い出す。

あの幼虫・・・・毒なくてよかった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!