僕もその女性も普通ではなかった

高校卒業後、特技といえば目が良いこと位だった僕はめでたく不動産会社に就職し、不動産業の仕組みから民法の勉強、資格受験と慌しい生活を送っていた。

初めての社会に心が折れそうなことが何度もあり、また当時お付き合いをしていた女性との破局や父の急死もあって、なかなかハードな新生活。
だが人間息を吸い働き食べれば勝手に年を取るもので、気づけば入社してから3年余りが過ぎていた。

ただ、どんなに仕事に慣れても疲労は労働に見合った分だけ溜まっていくものだから、
ほんのたまにある連休前夜ともなれば、布団を被る事も忘れて死んだようにベッドに倒れこむ。

そんな夜が明けて連休初日の土曜日、確か5月の半ばだった。
窓から入ってきた気持ちの良い風で目を開けると、もう10時過ぎだった。
家から出る気も何かする気も一切なかったけれど、なんとなく今日はなにをしようかなと考えていたら、窓の外から遠くの声が入ってきた。

「ちょっと待ってったら○○ちゃん、ちょっと待って」

女性のやけに楽しそうな声である。

ぼんやりベッドでその声を聞いていたら、もう一度その声が聞こえてきた。
子供と追いかけっこでもしているのかな?と思い、重い体を起こして窓辺に立った。

声はどうやら、道の右側から聞こえる。

大きな通りから一本中に折れた30メートル程の短い道の脇にある我が家は、築10年の二階建てアパートの二階1LDK、両脇にもお向かいにもその隣にもアパートがある。
まあ一人暮らし者の多い小道である。

日に照らされて汚れがよく見える窓を眺め、明日拭こうかななどと考えていたら、視界に先ほどの女性が現れた。

「もう待ってってば、もう」

僕はその女性を一生忘れないだろう。
モスグリーンのカーディガンにジーンズ、茶髪、少ししゅっとした健康そうな顔に、呆れるくらい幸せそうな笑顔を浮かべている。

30代半ば程だろうか。

腕を前方少し下に伸ばして小走りをしては、立ち止まって呆れたような、やっぱり笑顔をする。
その手の先には道しかなかった。

傍目には一人笑顔で騒ぎながら道を歩く女性だった。
何もない空間を追いかけて。

今考えればそれなりに気味が悪いが、それを見た瞬間僕は自分自身がおかしくなったと思った。

疲れているんだ・・・と。

その女性はそれ程自然だった。
笑顔も呼び声も。
まるで親子で写真撮ったら偶然子供がファインダーから外れてしまったかのような感覚。

その感覚は目を擦ってその光景をもう一度見てもなお続き、その女性が大通りを曲がり、少し大きなカーブミラーから影が消えるまで続いた。

女性がおかしいのか、僕がおかしいのか、二人ともおかしいのか。
どれが正解なのか分らなかった。
ただどれが正解だとしてもそれはとても悲しいことのように思えた。

ここで現実的な線を考えれば、二人ともおかしかったのかも知れない。
見えない何かと話す女性も、道を曲がりカーブミラーに写る彼女の少し先に、それを作る人が見えぬまま、子供程の影を確かに目撃した僕も。

この話はここで終わりで、山も落ちもなければ、怖くもなかったかも知れない。
ただ、こういう物を何度も観測する度に思う。

よく分らない物程怖いものはない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!