走行中の車をバンバンと叩かれる

母から聞いた話。
(若い頃)母は、いつもの仲良しグループ5人で湖にドライブに行く事になったんだって。
その湖はどこにでもあるような普通の湖だったんだけど、いわゆるドライブスポットって言われる所じゃなかった。
地元の人しか知らないようなこじんまりした湖だったのね。

母達はよくドライブしててその湖にも行ってた。

その日もいつも通りに車を走らせて、片道1時間くらいで湖に着いた。
景色を楽しんだり、湖畔で談笑したりしているうちに日がすっかり暮れて夜になり、5人は帰ることにした。

車を走らせて30分位したら5人の中のSさんが急に「ついてきてるよ・・・」って言い出したのね。

最初他の4人は「なにが?」って感じだったんだけど、今度はSさんが急に震え出した。
その震え方が尋常じゃなかったんで母含め他4人は「大丈夫?!」とか言って車の中にあった白いタオルとか自分のパーカーをSにかけてやってた。
そしたらSが「白はダメ!連れてかれる!」とかいって頭を抱えてまたガタガタ震えていた。
母達は何がなんだかわからなかったけど、しばらくしてその異変に気付いた。

車の窓ガラスが誰かに叩かれてるのに気付いた。
低い音で何回も何回も。

でも車は時速50はゆうに越えてたし、叩いてる人なんてもちろん誰もいない。
ただ音だけが響いてたんだって。

5人は悲鳴をあげ、Sと同じように震えた。
ドライバーも気を失いそうだったらしいが、なんとかこの状況から抜け出そうと必死で運転してたらしい。

1つトンネルがあったんだけど、トンネルに入ると叩く音はだんだん小さくなっていった。
そしてトンネルを出るころには音が無くなって、5人はなんとか戻ってこれたらしい。

母がゾッとしたのはこの体験だけじゃなかった。
翌日あの湖から死体が上がったんだって。

あとでSに話を聴いてみると、車を叩かれてるとき意識は朦朧としてたんだけど、はっきりと「おいてかないで」って聞こえてたらしい。
Sはいわゆる霊感体質で人よりもこういうことに敏感らしかった。

母が言うには後にも先にもあれほど恐怖を感じたことはないそうです。
私も話を聞いてゾッとしました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!