祖父を殺したヤツが憎い

とある知人に聞いた話。

彼の実家はなかなかの山の中にあるそうだ。
家の裏には小さな沢があり、子供には良い遊び場だったという。

沢にはサワガニがたくさんいた。
唐揚げにすると美味しいのだが、知人は食べたことがないそうだ。
何故ならその場所でサワガニを採ったり、あるいはいたずらに捕まえておもちゃにすることを、固く禁じられていたからだった。

禁じていたのは、知人の祖父だった。

祖父はその理由をよく知人に話してくれたというが、それが不思議な話だった。

祖父:「じいちゃんは子供の頃からな、自分がカニになった夢をよく見てたんだ」
知人:「カニ?」

祖父:「沢にたくさんいる、あのサワガニにな。じいちゃんはこの歳まで人間として生きてきたが、多分半分はあのサワガニなんだ。夢の中ではカニとして、卵から産まれ、小石の下で小魚やヤゴに怯えながら大きくなり、やがてメスとつがいになって卵を産んでもらった、そんな人生を過ごしてきたんだ。人生じゃないな、蟹生だな」

幼い頃からその話を聞かされてきた知人は、もちろん本当にその話を信じているわけではなかった。
それでも祖父が話してくれる、水中に朝日が差し込む美しさや、ヒキガエルに追い回され命からがら岩陰に潜り込んだ話などは、本当に体験したかのようにリアルに感じられたという。

ある年の冬、祖父は風邪をひいて寝込んでしまった。
咳をすることも滅多にない健康体だったため珍しく思っていると、祖父は枕元に知人を呼んだ。

祖父:「夢を見たんだ。カニの姿で昼寝をしていると、突然大きな音がして、訳も分からぬうちに体が宙に浮いた。暗闇に包まれる一瞬前に、鋭い嘴が見えてな。あぁ、サギに食われるんだ、とわかったよ。そこで目が覚めた」

祖父は知人をジッと見つめて言った。

祖父:「カニのわしが死んだということは、じき、人間のわしも死ぬということだ。後のことは頼んだぞ」

「何をバカなことを言ってるんだ、たかが風邪くらいで弱気になるなよ。」
知人は笑ってそう励ました。

しかし一週間後、祖父は風邪が肺炎へと悪化し、あっけなく息を引き取ったという。

知人:「祖父の話の真偽のほどは、今となってはわかりません。でも僕は、あれからというもの鳥のサギを見ると無性に腹が立ってね。じいちゃんを食いやがってこの野郎、と無意識に思うんでしょうね。サギからしたら迷惑な話でしょうが」
知人は苦笑してそう言った。

私:「ご実家の近くには、まだサワガニがいるんですか?」

知人:「たくさんいますよ。このどれかが祖父の子孫かと思うと、なんだか感慨深くてね。なにしろ、そのカニは僕の叔父や叔母や、従兄弟かもしれないんだから」

冗談めかした台詞に、知人も私も笑った。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!