写真の中にその人はいた写真の中にその人はいた

若い頃付き合ってた彼氏の家に半同棲みたいな感じで居座ってた時期があった。

彼氏の家はとある団地の5階。
彼氏には中3と中2の妹がいた。

中3の妹ちゃんとは馬が合い仲良くしていたのだが、中2の妹ちゃんはよそよそしく、あまり口をきくこともなかった。

まあ自分ちによく分からん女が転がりこんで長居をしてたら、不快に感じるのは理解できるから当たらず障らずな感じの距離を保っていた。

ある日、留守番中に台所で洗い物をしていたら中2の妹ちゃんがおっさんと一緒に帰ってきた。

彼氏のうちは母子家庭だったのだが、近所に父親が住んでると聞いていたし、妹ちゃんたちは父親との仲も良好と聞いていた。
なので転がり込んだ女を追い出すために父親を連れてきたのか?それとも家庭訪問か何かで先生と一緒に帰ってきたのかと私は思った。

帰ってきた妹ちゃんに「おかえり」と言った後、一緒に帰宅した見知らぬ男性に目礼をした。
妹ちゃんは恥ずかしそうに「ただいま」と言うと、そそくさと自室に向かっていった。

一方男性の方は、こちらには一瞥もくれないで黙って妹ちゃんの後に続いた。
男性が父親だったとしても先生だったとしても、反応が変だな~とか思いつつ、お茶などを用意して妹ちゃんの部屋にノックして戸を開けると、部屋には妹ちゃんしかいない。

「一緒に帰ってきた男性は?」と訊ねると、不思議そうな顔をして一人で帰ってきたと言う。

不可解な顔をしながら部屋を出ようとした私に妹ちゃんが、「それってどんな顔の人だった?」と聞いてきた。

うまく言葉にできずに「う~ん」とうなっているとアルバムをひっぱり出してきて、この「中にその人いる?」って聞いてきた。

その男性はすぐに見つかった。

私が「この人だよ」と指差すと、妹ちゃんは、自分を可愛がってくれた叔父さんだと言った。

過去形?って訝しんでいると「半年前に病気で亡くなった」と妹ちゃんは言った。

私は幽霊とか全く信じていないが、5階建ての5階で台所の横にしかドアがなく、尚且つベランダなどにも面していない部屋から、私に見られることなく脱出するのは不可能なのでもしかしたらあれが幽霊ってやつなのかな~なんて思った。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!