あの扉を開けて入ってはいけなかった

学生の頃、溜まり場になっていた神社の話。

話の内容は神社は山の中にあり歩道に池があるんだけど、噂でもう一つ池があるって、なっててそれを探しに行く。

俺の通っていた高校は山の頂上にあった。
家が海沿いなんで、高校までは一時間弱チャリを立ち漕ぎで漕がないといけない場所にあった。

もちろん帰り道はその逆であっと言う間に家についた。

ある日友達と別ルートから帰ろうと適当にチャリ漕いでいたら広い公園に出た。
公園と言うよりも山を切り開いた広場みたいな感じ。

その公園から抜け道はないかぐるっと一周してたら細い獣道を発見。
興味本位でそこを下ると神社にたどり着いた。

山の途中にある神社は展望台みたいな所もあり、そこから麓の街が見渡せる絶好の場所であり山の中と言う事もありかなり広くすぐさま俺達の溜まり場になった。

麓から神社に行くまでは歩道で20分くらい山道を歩かないといけない場所にあり(補正された車道もある)夜は街頭などもほとんどなく肝試しなんかをよくするようになっていった。

山道の途中に池があり夜は月明かが池を照らしていて、なんとも不気味な雰囲気を醸し出していた。

その池から先はY字になっていて右に行けば神社に繋がる階段。
左に行けば広場みたいになっていて暇さえあればその広場で遊んでいた。

ある日、そこで遊んでいると1人の老人が来て「ここで遊ぶな!」と怒られた。

まぁ神社で溜まっていて怒られたこと事態初めてではなかったので、特に気にせずにいると、老人が再び来て呆れた感じでここには昔池が2つあって、そこで死んだ人がいるからあまり近寄るな・・・的なことを言って神社方面へ歩いて行った。

夜に帰宅してさっそく婆ちゃんにその神社には池が2つあるのか訪ねると、底無し沼の池が昔はあったと言われ、事故が多発したし今は無いんじゃないの?と言われた。
そしてあまりいい場所ではないから近づかないよう釘をさされた。

次の日それを友人に伝えると全員一致で探そうと言う結論に至った。
そして麓から山道ではなく傍らにある山道から散策を始め、獣道にある墓やら麓からすぐ近くにある滝やらを発見し、ここにはまだまだ知らない場所があることを知る。

だがどうしても池は発見できなくて半ば諦めて散策ごっこも終わりかけていた時、いつも溜まっている広場から山頂を目指して山道を進もうと友達が言い出して、ちょっとした会議になった。

今までは麓から神社に向けて散策していたので、神社方向ではない広場から登るとどこにたどり着くか検討がつかなかったからだ。

Y字の右の山を登ると神社左は麓にある広場だけで、あとは未知の世界と言ったら分かりやすいかな?

そして週末に行くことになり各々冒険気分でいざ出発したのだが、思ったよりも険しい場所で崖を登ったり小さな滝を登ったりしながら野良犬の群れに出くわしたりわら人形が木に打ちつけてある。

明らかに誰かが生活していた場所を発見したりしながら正味二時間は山道を登っていた。

もちろん山の中なんで音といったら俺の声と鳥の声と風のせせらぎくらいだったんだ、途中からドボン!!と言う音が聞こえてくるようになった。
何かが水に入る音のような感じだった。
今まで無我夢中で山を登っていた俺は少し恐怖心がでてきた。

そして今までほぼ獣道だったのに、なぜか少し道がでてきてゴミなどもちょくちょく落ちいる場所に出た。

段々ドボンの音も近くなりそれが一定の感覚でなっていることも分かった。
とりあえず音のする方を目指しまた獣道を進んでいく。

そこから10分くらい歩くといきなり視界が開けた。
なんと目の前に池が現れた。
しかも自然的な池ではなく、かなり人口的に周りを補正された池だ。

ついに見つけたのだ。
しかしかなり違和感を覚えた。
あまりにも綺麗すぎる。

山の中で誰も来ないので綺麗なのは当たり前なのだが、明らかに誰かが手入れをしている綺麗さだった。
そしてドボンの音なのだが何かの機械が泥を排出する音だと判明した。

何の機械かは分からないが、その機械から奥の山道に向けてパイプが通っていたので、それを辿っていくことにした。
三分もせずにパイプの終点までついた・・・。

そこには小屋があった。
二畳くらいの木でできた小屋だ・・・。

小屋の周りには御札がこれでもかってくらい貼られていて、全員これはやばい!と思った。

パイプはその小屋から伸びていてパイプだけ新しいのに小屋がかなりボロボロで貼られている御札は綺麗なものや、ボロボロのものが小屋の一面やパイプに張りめぐらされていた。

小屋にはドアがあり友達が開けようと言い出した。
もちろん反対したが友達は小屋に近づく。

ドアを開けて友達は中に入った瞬間、半分くらい体が下がった。
外から見ていたやつはみんな????ってなった。

すると、中に入ったやつが大声で助けを求めてきた。

小屋の中だけ泥があり、おそらく底無し沼だった。
かけつけた時にズボンはおろか、シャツの胸のあたりまで泥に埋まっていた。

なんとか引っ張り出し一目散にその場から退散。
俺達の憶測だがここまで昔は池だったんだと思う。

そのまま引き返すか山頂を目指すか議論になったが、17時近くなこともあり、引き返すと日が完全に落ちてしまう、為とりあえず上を目指すことにした。

10分もせずに車道に出た。
そこは神社の上の公園の先のガードレールの所だった・・・。
そこから麓まであるいて30分で着くのに何とも不思議な気分になった・・。

とりあえず車道に出て安心した俺たちだったが、友達の様子がおかしい。
小屋の中で泥に埋まっているとき何かが足を引っ張っていたらしい。
薄暗くて分からなかったがズボンの泥が手の形で汚れていない場所があった。

それで、そいつが小屋のドアを閉めに戻ると言い出した。
みんな反対したが1人でも行くと言うので仕方なくついて行くことに。
確かにドアは開けっ放しだったんだが、なんで閉めに戻ったかは未だに謎。

ドアを閉めてすぐさま車道に戻り公園経由で神社に戻りその日は解散した。

不思議と池の事は誰にも言わなかった。
それ以降神社にもあまり近づかなくなり、池の事も忘れた頃、泥につかったやつが行方不明になった。

ちょうどあの日から一年目。

最初は家出かと思ってさほど気にしていなかったが、日に日に大騒ぎになって、警察なども出動する事態になった。

まさかと思い親達に一年前の事を言ったのだが、特に関係ないとされた。

しかし、気になった俺達は兄貴やその友達を連れてあの池に行くことにした。
池には公園側のガードレールから行ったのですぐ着いた。

もちろん友達はいなかったが、真新しい御札がパイプに貼ってあり、なぜかドアが開いていた。

勿論、因果関係は分からないが、友達はあれ以来見つかっていない。
俺らは関係あると思うのだが、親や周りの大人に言ってもそれは関係あるわけないと片付けられた。

見つかってないままなので葬式なんかもないままだけど、もうすぐ8年経つから書いてみました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!