聞こえてきた声を辿って山へ行くと

ある女性が寝ようと支度をしていると、「○○山に行け」と耳元で声がした。

○○山?と言われてはっとしたら、もう一度「○○山に行け」と声がする。

それから毎日、寝る直前に「○○山に行け」と声がするようになった。
○○山とは、その人の実家近くにある山で、大昔は霊山として信仰を集めていたという山だ。
もちろん登ったことはなかったが、あまりにしつこく声がするので、その人は登ってみることにした。

自家用車を乗り継いで○○山の麓に着いたが、正直、この山で行くところといったら頂上にある神社ぐらいしかない。
仕方なくその人は頂上の神社まで登ることにした。

その山は標高が1000メートルほどあったが、幸い登山道は整備されていたので、登山用の特別な装備がなくても登ることが出来たという。

神社はさすがに由緒正しいものらしく、整然としていたが、それ以外に何かあるわけでもない。
仕方がなく社殿に賽銭を上げて拍手を打ってみたものの、何か起こるわけでもなかった。

女性が帰ろうと後ろを振り向くと、そこにいつの間に来たのか男が立っていた。

スーツにネクタイ、革靴のサラリーマン姿で、どう見ても登山姿ではない。
男の顔は暗く滲んだようになっていて見えず、男の体も、なぜか周囲の景色より色が暗く沈んでいるような気がしたという。

えっ?とその女性が驚いていると、突然その男の右腕がボトッと湿った音を立てて地面に落ちた。

女性が悲鳴を上げると、男の影がパッと消えた。

こいつが呼んでいたのか?・・・・・・と思うと怖くなり、女性は急いで山道を駆け下りたが、どういうわけか帰り道がわからない。

おかしい・・・登山道は一本だったはずだ・・・・・・と思ったが、行けども行けども笹薮だった。

おかしい・・・・・・。
そう思った瞬間、笹薮の中にスーツの男が立っているのに気がついた。

女性が絶句すると、片腕の男の体から、残っている方の腕が同じようにボロリともげ落ちた。
同じように悲鳴を上げると、やはり男の姿が掻き消えた。

女性は半狂乱になって笹薮を下った。
その間にも、ふと顔を上げるとスーツ姿の男がいて、まるで映画を見ているように体のどこかしらが朽ちてゆくのだという。

右足、左足がもげると、今度はスーツが朽ちてなくなり、ネクタイ、ワイシャツまで剥がれ落ちると、今度は肉片がボロボロと崩れ、最後には体のあちこちから骨が覗くようになった。

死に物狂いで笹薮を駆け下り、夕方近くになってようやく駐車場に降りることが出来た。
泣きながら車のエンジンをかけて、後ろも振り返らずに家に逃げ帰ったのだという。

その後、寝る前に男の声が聞こえることはなくなった。
なぜかはわからないが、あの男はそうすることで供養になるものだったのだろう・・・と女性は語ったそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!