病棟看護師やってると、ついつい見えちゃう

自分は病棟看護師だけど霊感の類はあまりない。
それでも視界の隅に何かが見えることはよくあるし、たまに堪らなく怖いと感じる日があるんだよね。

前の病院は病室が縦並びに2列あってコの字型になってて、突き当たりが窓って作りだったんだけど、夜中のラウンド(※巡回)中に背後にゾワって感じたら、眼前の窓硝子に映ることがちょいちょいあった。

ある日、入院患者さんが退院前リハで一泊帰宅とかしてるときに行方不明になった。
捜索願出して病院側も職員がご家族と一緒に探してたから、夜勤を自分が交代してすることになったんだけど、その日は急変があってとにかく忙しくて、交代したことを後悔してたんだわ。

三時過ぎに急変した人の家族が来て、相方の看護師が対応してたから、自分が1人でラウンドと併せて処置が必要な人のとこをまわってた。

その行方不明になった方の部屋も4人部屋。
処置はなかったけどラウンドはするから、1人1人が息してるか異変はないか見るんだけど、行方不明の人のベッドの布団が何故かこんもりしていた。

当時は認知の人が入院してたから”潜り込んだか?”と思って、布団を触った瞬間、行方不明の人の声で『寒い』って聞こえて、サブイボが手先から全身に広がって凍りそうなくらい体が冷えた。

声にならない声でアヒアヒ悲鳴をあげながらも詰所に帰って、背後が怖くて壁に背中張り付けて相方が戻るのを待ってたときに、病棟師長から電話があった。
行方不明の患者が海で見つかったとの連絡だった。

落ちは特にないんだけど、それ以降夜勤をするとその患者が背後に現れるようになった。

その患者がいるときはとにかく寒くなって、真夏でもカーディガンを羽織るくらいで、自分自身も仕事に集中できないし、あの病室だけはきちんと対応する自信はないしで、異動願いを出し異動させてもらったが、変わらず現れるからその病院を辞めた。

今は働いてないし、その後勤めた先には現れることはなかったけど、やっぱり堪らなく怖い日ってのはあって、夜勤中の相方が休憩に入って一人きりになると、いつも壁に背中を張り付けてたわ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!