「カタケンパ」に追いかけられたら最後

知り合いの話。

彼の地元の山では、夕暮れ時になると不気味な物が現れるのだという。
薄暗い山道を歩いていると、後ろからケンケンと飛び跳ねる音が近づいてくる。

振り向くと、一本足の真っ黒い影が、こちらの後を追って来ている。
影は人の形を取ってはいるが、酷く頭でっかちで、両手がやけにひょろ長い。
地元では「カタケンパ」と呼ばれており、案山子が化けた物として恐れられていた。
というより、頑なに「アレは案山子だ」ということにしようとしていたものらしい。

気の強い若衆が「案山子などどこが怖いものか」と大見得を切って、カタケンパの出る山に向かったことがある。
しかし幾ら待てども男は帰ってこなかった。

しばらくしてから、追ってくるカタケンパの数が二体に増えたという噂が流れた。
それからというもの、カタケンパに近づこうという者は出なくなったのだそうだ。

彼自身は、その山道を歩いたことはないという。
「例え片足が出なくとも、あそこは十分気味が悪いから」なのだそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!