あの時、目を開けていたらどうなっていたんだろう

それは、私が小学校5年生の頃だった。
じいいちゃんが亡くなってしまってから49日も終わってなかった頃、2階の自分の部屋で、いつものように寝ていた。

すると、夜中なのに下から階段を上がって来て、私の部屋に入って来た人がいた。
夜中だし眠いので、たぶん母親だろうと思い起きる気もなくそのまま寝ていた。

入って来た人は、しばらく私の顔を覗き込んでいた。
わざわざ起きるのもめんどくさい・・・。

しかし、顔を覗き込まれるのも気持ち悪いそう思いながら寝てると、その人はしばらく覗き込んだ後、下へと降りていった。

次の日、機嫌が悪いまま母親に、昨晩の抗議を言いに行った。

「そんな事はしていない・・・」
これが母親の答えだった。

じゃ~、誰が!?
下の部屋に寝てるのは、父親が出張でいないので、母親だけである。

妹弟は隣の部屋で寝ていたし、結局亡くなったおじいちゃんが顔を見に来たのよって、母親に言われた。

じいちゃんには会いたかったけど、あの時・・・目を開けていたら、と思うと複雑な心境になる。

じいちゃん、出るときは前もっと言ってくれや。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!