死んだ店主はそこで何を思っていたのか・・・

もう15年くらいになるだろうか。
地元であった話。

商店街の一角に服屋さんがあったんだけど、若者向けの割には値段が高くて、あまり利用する人はいなかった。
ある日そこのお店の主人が、経営難を理由に自殺。

葬儀やら何やらがひと段落着いた所で、遺族は店に残された沢山の商品をさばくために
投売り価格で全部売って処分しようとした。
今までその店に寄り付きもしなかった人達が店に押し寄せて、全部完売。
お店がオープンして以来来たことのない客数だったそう。

当時学生だった私は、最後のセールは知っていたけど行く気になんかなれなかった。
クラスメイトが「これ、あのセールで買ったんだよ!もっと早く自殺すればよかったのに」と、服と自分が見た店内の様子を自慢していて居た堪れなくなった。

それから数ヵ月後、そのお店が入ってた建物の2階の窓から、自殺した服屋の主人が見下ろしていたと言う噂が広まった。

その噂が本当なら、彼は一体どんな気持ちで下を通る人たちを眺めていたんだろう。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!