その幽霊は自分の場所を知らせたかった

友人の先輩A子さんは岡山県在住。

岡山って盆地で、新幹線からだと広ーく畑の続く風景がみれたりする。
A子さんの実家はそんな風景の中、ぽつんと連なる数件の民家の内の1件だったそう。

ある日、A子さんが夜遊びの帰りだか、随分遅い時間に家までの農道を歩いてたんだと。
そしたら道の向こうから誰かが歩いて来るのが見えたそう。
まわりは見渡す限り畑と数件の家だけ。

遅い時間にこんな所を歩くのは、近所の誰かだろう。
こんな時間に帰宅とか、バツが悪いな・・・。
てな思いで、自然と顔が伏せ気味に。
まぁ、歩は緩めないので、そろそろすれ違うか・・・と歩くんだけど、行けどもすれ違わないんだと。

?と思い、顔を上げてびっくり。

真正面に着物を着た知らない女性が立っていたそう。
で、その女性、ニコニコと微笑んでおり、深々とお辞儀をするとスッと消えてしまったらしい。

恐怖より、???だったらしい。

翌日、A子さんの家の敷地内だか前の道路の水道管が破裂し、改修工事で掘り返したところ、人骨が見つかったんだと。
古かったんだか何だかで事件にはならなかったそうで。

ちょっと昔話みたいで好きなんだよね、この話。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!