その霊は引っ越しの度に現れる

姉貴から聞いた話。

旦那の転勤で、住んでた社宅を引き払い、翌日新任地の社宅(アパート)へ行った。
部屋でちょっとした掃除や、間取りにどう家具を置こうか思案しながら、荷物が運ばれてくるのを待っていたそうだ。

到着した引っ越し屋三人はベテランらしく、手際よく荷物を搬入してくる。
まずはカーペットを入れて、次は大きな家電や家具を運び入れ始めた。

姉貴の指示で、家具類が部屋の要所要所に置かれ、梱包が解かれていく。
で、引っ越し最大の山場、冷蔵庫の番。

旦那も含めて全員で冷蔵庫を運ぶつもりらしく、とりあえず男は玄関の外に集合。
一時的に、部屋には姉貴一人が取り残された。

そこで姉貴は、運ばれた家具の中、比較的小さなチェストが、一つだけ梱包されたままなのに気がついた。

冷蔵庫が無事置かれれば、梱包も解いてもらえるだろう。

でも、あれはなんだろう?

和室の隅、畳の上にあるのだが、なんだか変に黒っぽく見える。
チェストは、ブルーのキルティングで包まれ、手で持ちやすいように、キルティングの上から青いゴムで編んだ太いネットがかけられている。

そのネットの周りにもやもやと、黒い煙が取り巻いているようだった。

姉貴は部屋の入り口でチェストを見つめた。
するとその”もや”は急に盛り上がり、形が変わり始めた。
みるみる人の姿に、それは、青黒く、長めの半ズボンを履いた上半身裸の男の後姿だった。
深く俯いているのか頭は見えなかった。

「奥さん、これ台所のどの辺に置きます?」

引っ越し屋の声に、姉貴ははっと我に返ると、後には冷蔵庫が運ばれてきていた。
慌てて冷蔵庫の置き場所を指定。
冷蔵庫の位置が決まると、引っ越し屋の一人が、なんの躊躇もなくチェストに近づき、手早くネットとキルティングを外してしまった。

そのときにはもう、青黒い影も跡形もなく消えていた。
夫婦二人だけの荷物なので、雑貨や衣類の段ボール箱もすぐ運び終わり、早速、食器やら本やらを取り出し始めた。

そして、チェストに雑貨を入れようとしたとき、チェストの周りに埃のようなものが落ちているのに気がついた。

あらやだ、来たときは気がつかなかったし、引っ越し屋さんは梱包資材かたづけるとき、ざっと掃除をしていってくれたはずなのに・・・・・・。

見ると、その埃のようなものは、砂だった。
それも、日本では沖縄でも行かなければ見られないような真っ白い細かい砂。
それを箒で集めたら、ふっと濃い潮の香りがした。

姉貴は、ああ、あのネットにはサーフボードが包まれていたんだな、と思ったんだそうだ。

それ以降は、特になにも変なことはなかったようだが、姉貴はぼそっと「そのネットは、この後もいろんな引っ越しの現場で使われるんだろうな、あの青黒いサーファー(かな?)は、ずっとネットにくっついていくのかな」って、なんだか悲しそうに言ってた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!