小麦粉だと思っていた粉は・・・

昔あった食中毒事件。

ある村に住むAという人が自宅付近道路で袋入りの小麦粉を拾った。
しばらく自宅で保管していたが、ある日、同じ部落のBに餅つきを依頼したとき、それを餅取り粉として使用した。

Aはついてもらった餅をCとその家族のところに持っていき、遊びに来ていたDと一緒にもちを食べた。
Dは残った餅を持って帰り、家族と一緒にまた食べた。

また、BはAについてやった餅とは別にまた餅をついており、その餅を家族で食べ、知り合いのE家族にもあげた。
E家族はそのまた知り合いのF家族にもやった。
その後、餅を食べた全員が食中毒を起こし、F家族のひとりが死亡した。

病原物質は細菌でもウイルスでもなく、ヒ素化合物。
Aが拾った小麦粉は、ほぼ半分が亜ヒ酸だった。

この事件に対し、保健所は、患者とその家族に「出所のわからないものは使用しないようにしましょう。」と指導した。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!