この殺気は勘違いではない

自分が体験したちょっと怖いお話。

今から五年程前の梅雨明け。

当時完全夜型生活してて、深夜の大体二時頃に小腹が空いたので歩いて10分程のコンビニに夜食を買いに行った。

夜の外、しかも雨上がりで良い感じに肌寒い空気で、散歩気分で気持ちよく人通りの無い国道沿いを歩いて、何気無しに左手側を見たら、凄く綺麗な黄緑のふわふわ蠢く灯りで照らされた。
綺麗な石畳の広場がある事に気が付いた。

ここにあんな所あったっけ?

まあちょっと奥まった場所にあるし、木が結構あるから昼だと街灯点いてなくて
気付かなかったんだろう。

帰りにそこで菓子でも食べて帰ろー。
そーしよー。

そう思って鼻歌交じりに通り過ぎ、視界を前に戻した瞬間、風も雨も無いのに薄手のパーカーが無力になる程の寒さと、とんでもない殺気に襲われた。

明らかに数歩後ろに誰か居る、分からないけど、とにかく何かすれば殺されかねない程に怒っている。

しかもそれを感じてほんの一呼吸程、とあるイメージが頭の額辺りにふと浮かんできた。

何かしらの模様が書かれた紙で顔を隠してて、宮司さんが着るような和服の真っ白バージョンの人物。
異常はそういう勘やイメージだけじゃなかった。

歩いている自分の足音がさっきまでちゃんと聴こえてたのに、それが無くなっていた。

サンダルなので踵を軽くずる感じで歩いてたから、音が出てる筈なのに出てなかった。

とにかく気付かれたら終わりだと思って変わらない歩き方をして、一応持ってきた傘をさして自分の頭と背中を覆ってなるべく早くコンビニへと急いだ。

その後落ち着いたし、殺気も悪寒も無くなったから別の道で帰ったんだ。

しかし、次の日の昼にその辺を通ったら、ただの道が奥に突き抜けてるだけだった。

と、思ってた。
つい最近まで。

つい最近そこ通って確認すると、200m程手前にそれなりな大きさの稲荷神社があって街灯が無かった。

というか社に続く石畳は在っても、広場だと思えるような感じではなかった。

てか何で光がふわふわ浮いて照らしてるんだと気が付いた。

少し前でも街灯は固定されてる物なのに、いったいあれは何だったんだろう。

足音無くなるとか本当に恐かったが、御菓子渡したら怒られずに済んだのだろうかとも思ってしまう・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!