この現象、女の正体を説明できる人いますか?

初めて書くひまつぶし程度に聞いてくれ。
今三年ぶりくらいに高熱が出て、療養にも飽きて暇なんだ。

趣味といえば単独で山に登ることくらい。
あまり大きな声では言えないけど、廃墟巡りとかね。

数年前のことなんだけど、その日もいつものように自宅からクロスバイクを使って、山の入り口ギリギリまで行きザックを背負って入山。

二時間くらい歩くと、山道がやや険しくなる。
人も全くいない。
道標となる樹に結びつけられた赤いテープも、倒木と共に行き先を不明瞭にしてる。
鎖場とまではいかないまでも、岩が多く苔が生い茂り全身緑に包まれるような感覚に陥るんだよ。

そこいらまで行くと、川も澄んでいる。
岩伝いに渡ろうとした時、ある女の人と出会った。

なんというか、不思議な服を着ていた。
ローブっていうのかな?一枚の布を繋ぎ合わせたようなやつ。

まず思ったのは、コスプレイヤーかなにかか?と思ったんだよ。
俺は廃墟にも行くので、コスプレに興じている人を何人か見たことがある。

でもここは山だ。
女性一人ってのも謎。
装備もなにもない。
なにより驚いたのは、外国人だったってこと。

まぁ驚いたのなんの。
家から近いこともあり、たまにその山に行くが、そのルートで人と出会ったことは皆無といっていい。

おまけに美人なんだよ。
中東系の顔立ちで、20代後半から30代前半くらいの風貌。
青い目が印象的だった。

しばらく惚けてたんだけど、とりあえず挨拶をした。
山行く人はわかると思うけど、すれ違う時よく「こんにちは」って言うよね。
日本語が通じるかもわかんなかったが、とりあえず会釈しつつ言ってみた。

流暢な日本語で返答があった。

挨拶したからかわかんねーけど、女の人はものすっっっごい笑顔を浮かべたんだよ。
暖かみのある笑顔だった。
コミュ障だけど、なんとなく話しやすい人だと思った。

いろいろ質問したいとこだけど、何より山に一人の女性という状況はあまりよろしくない。
迷ってるのかもしれないし、もしよかったら一緒に下山しますか?って言ったんだよ。
すると女の人は静かに首を横に振った。

女の人は殆ど喋らないし、頷くだけだったから会話という会話でもないが、居心地の悪い無言じゃなかった。
何度も言うが、優しさオーラが半端なかったんだよ。

俺はザックを降ろして、ちょっと質問してみた。
完全に興味本位。

観光客が来る場所でもないし、先ほどの流暢な日本語で日本が長いのだろう・・・と思った。

ここで何をしているのか?
どこから来たのか?
コーヒー飲みますか?

ここで何をしているか、については正直よくわからんかった。
これから私と出会う人は増える。
だの、求められたから来ただの。
悪の道に落ちた人類が云々。
正直聞いてて、あ、この話難しいしちょっと電波だ、と思った。

その時点で俺の中ではコスプレイヤー説が有力だった。

どこから来たのか、は返答はなく、人差し指を上に立てただけだった。
山道を登ると京都に繋がっているので、多分京都から来たんだろう。

んで俺の山での一番の楽しみ、コーヒーを一緒に飲むかと進めたが断られた。
ちょっとショックだった。

孤独好きなら逆に迷惑かなと思い、そろそろ行こうとした時、女の人に不意に呼び止められた。

「次はいつここに来ますか?私は待っています。」

ちょっと怖くなったが、邪気のない笑みにやられた。
また来ます、と言いその日は別れた。

ちなみに帰りには、女の人はいなかった。
俺は京都方面に向かい、そのまま引き返したのにすれ違うこともなかった。

翌週行ったら、また同じ場所に女の人はいた。

二回目だが、会うや否やポツポツと勝手に話し始めた。

覚えてる限りだけど箇条書きする。
難しい言葉とか言ってたけど、よくわからんのは聞き流した。

大陸の勢力が力を増す。
獅子が倒れる。
この国は迫る滅びに恐怖する。

しかしはっきりわかるのは、こちらが光であるということ(強調してた)。

どのような状況になったとしても、悪に屈してはなりません。
悔い改めることを軽んじなければ、光は常にあなた方の側にある。

んで笑顔に戻って、できる限りたくさんの人に伝え広めなさいって言った。
そんな電波な内容言えるかよ!て心の中で突っ込んだよ。

しかもおかしいのが、俺が名前名乗ったんだよ。
そしたら知ってるって言う。

どうして?って聞いてもニコニコ。

対してあなたは?って聞くと、マサーってえらく発音良く言ってた。
勝手にマサさんって呼んだ。

その日、帰って高熱を出した。

夢の中でマサさんが手を振ってる。
光の束の中を、エレベーターみたいなので上りながら。

風邪引いた時はありがちだと思うけど、感傷的になってものすごく悲しい気持ちになった。
もうあの笑顔が見れない。
あの安心感を感じることができない。

それが悲しくて、枕が涙で濡れてた。
多分、もう会えないだろうと感覚的に思った。

それから何度か同じ場所に行ってみたけど、やっぱり会うことはなかった。

それがちょうど今から三年前。
白い目で見られるのを恐れて誰にも言ってこなかった話。
ネットならいいかと思いました。

今俺が熱を出してるのも、何かの前触れなのかなぁ。
この風邪が治ったらもう一度行ってみようと思います。

長くて申し訳ないですが、これで終わりです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!