横切った人影を追ってみたんだが

数年前、仕事帰りに入院してる父の見舞いに通っていた。

もう秋で6時頃でも薄暗くなっていたが、ど田舎の山越えルートで交通量も多くない通い慣れた道だ。

その日は雨でいつもより車間距離を開けていたが、対向車のライトも見えるのに
車の前を横切る人影に違和感を覚えた。

カーブ続きでスピードは出ていないがあまりにも理不尽に思え人影を目で追った。

誰もいなかった。

道は山を切り開いたもので周りに人家はない。
人が歩いてることも殆どない山中だ。
男性が渡ったあたりには雨に濡れた祠が見えた。

同僚に聞いてみると、同僚の知り合いが事故死していた。
事故が多く祠がそこらじゅうにあり、私は端から2番目、と話したが、彼女に1番目じゃないか、と訂正され確かめたらその通りだった。

雨の中ヘッドライトに浮かんだ若い男性の姿はその後見ていない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!