何かの神的なものにいたずらされた

友人の話。

舗装されていない峠道を歩いていて、急に尿意を催した。
辺りには見渡す限り誰もいなかったので、その場で用を足すことにした。

一面に広がる景色を満喫しながら、下の斜面に向かい思い切りよく放尿する。

と、飛沫で濡れた所の砂利が真っ黒に変色するや否や、突然ザーッと崩れ始めた。

あっという間に自分の足元まで崩落してきたので、慌てて身をかわして逃げる。
・・・用を足しながら。

安全な場所まで下がり、台無しになったズボンを情けなく思いながら、半ばまで削れた道に目を戻した。

思わず目を疑う。
峠道はどこも崩れてなどいなかった。
道上に残っているのは、自分が描いた液体の軌跡だけ。

その時、頭上からゲラゲラと笑う声が聞こえた。
見上げたが誰もおらず、ただ愉快そうな響きだけが、斜面を駆け上っていったという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!