通学路の空き家に霊的な影を3度見た

私が中学生の時まで住んでいた集合団地の近くに空き家が一軒あった。

ただ、空き家と言っても、人が住める様な状態ではなく、家財道具などがひどく散乱したまま放置され、外壁も半壊した、ほとんど廃墟の様な建物だったので道側からでも内部が丸見えだった。

私の学校-自宅までの行き帰りには、少し時間を短縮できる近道があって、ある時まで、ずっとそこを使っていた。
空き家は、「近道」を通る時には必ず目にする場所だった。

ある日、夕暮れ時にその道を一人で通っていた時、何気なく空き家を見ると中に人影があった。
反射的に立ち止まって見てみると、その人物は子供用のおもちゃの小さなピアノ(?)の前に正座しており、鍵盤らしき部分に両指を乗せ、まるで演奏している様なポーズを取っていた。

しかし指や腕を動かしたりして実際に演奏するというわけでもなく、その姿勢のまま固まっていて、首をがっくりと前にうなだれさせて俯き、全く動く事なくそこにいた。表情は見えなかったが、スーツの様な服を着た男の人だった気がする。
何だかすごく不気味に思えて、急いで走って家に帰った。

その奇妙な人影は結局、卒業までに3回見た。
2回目に見た時は友人と一緒だったが、友人も私も怖がりなので声をかけたりなど到底できず、逃げる様にすぐその場を離れた。

3回目、最後にそれを見た時は、同じポーズの人がもう1人増えていた。
髪型はセミロングの20代くらいの若そうな女の人で、やはり正座して、おもちゃのピアノの鍵盤に両指を乗せ、微動だにせず深く俯いている。
前述のスーツの人の隣で。

その後はもう空き家を見るのも嫌になって、引っ越すまで二度と例の近道を使わなかったので、あれが生きている人物だったのか幽霊的なものだったのか、何もかも分からない。

でも、とにかく、もう二度とあんな不気味な物は見たくない・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!