人ではない何かに腕を取られる

爺ちゃんが爺ちゃんから聞いた話(曾曾爺ちゃんの経験ってこと)。

そのとき曾ひい爺ちゃんは、キツネを一匹仕留めて帰る途中だったという。
すると木の近くにおろおろとした男性がいた。
若くて、登山者みたいな格好をしていたらしい。
そして何をしているかと聞いたら、道に迷ったという。
出口まで案内しようと思ったが、もう時間は遅いので山小屋に泊まることを勧めた。

男性は申し訳なさそうに山小屋で休んでいると、「ところで、その腕はどうしたんですか?」と言った。
腕を見ると、知らないうちに青アザができていた。
ぶつけた覚えも無いのによくわからなかったが、一応大丈夫とだけ言っておいた。

次の日、出口まで案内した。
男性は礼をして帰って行った。

それから一週間ほどたったある日、風呂に入ったとき腕を見て驚いた。
黒く変色していたのだ。

壊死したのかと思ったが、ちゃんと動くし痛みも感じる。
気味悪くなって知り合いの猟師に相談すると、知り合いはいきなり銃で撃ち抜いた。
しかし痛みはなく、腕の色は元に戻っていた。
傷もない。

驚いて聞くと、知り合いは化け物の仕業だといった。
昔にお前に撃たれた化け物か何かが、腕を乗っ取ろうとしたとのことだ。
考えてみれば人型の影を撃ったことがあったそうだ。

そして、知り合いと山小屋にいくと、知り合いの思ったとおりだった。
その床下からは木彫りの手が出てきた。
それを焼いてからは、二度と同じような事は起きなかったという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!