私達の姿を装うモノ・・・

これは自分がその場に居た時の体験です。

今年の秋頃、とある北海道の観光地にある廃墟での事です。

ある日仕事先の同僚3人と遊びに行き、適当に時間も深けたころその中の一人が「怖い場所とか知らない?行ってみたい!」と、言い始めたので、車を運転していた私は、じゃぁ良い場所がある、と、言うことで、その場所に向かいました。

そこは元はホテルだったんですが、結構昔に火事で焼け落ちてしまい。
その後もそのまま放置してある建物でした。

実は私は何度かここには来た事があり、中の構造も知っていて、おかしな話、安全に何事もなく帰れると考えたからです。(以前同じようなところでひどい目にあったことがあるもので)

目的地に着き、車から降りると、いっしょに居たうちの二人が「ナンか寒い・・・怖いからここで待ってるよ」と、言いはじめました。

私達は全く寒くなかったんですが、風邪でもひいたかな?と思い、仕方ないので熱心に行こうとする友人を連れて、中に入っていきました。

懐中電灯が無かったため、コンビニで買った蝋燭に火をつけ歩き回ったんですが、始めは左右の分かれ道を右に行き、その後玄関の前を通りました。
これが1度目です。

それから、次は左の階段を上り、2階に在る小通路を抜け、小さなドアの前に辿り着きました。
ここからがおかしかったんです。

前にも言いましたが、私は何度もそこに入ってます。
明るい内も、暗いときも中の構造は知り尽くしてるつもりでした。

しかし、そんなドアがあったことは知りませんでした。
恐る恐る入ってみると、なぜか、全く逆に在るはずの玄関に戻っていました。

これで玄関を通るのは2回目ですね。
私達は首をひねりながら、とりあえず屋上に上ってみよう、と、言う話になり、屋上を目指しました。

しかし階段を上るうちに何度も大した風も無いのに、蝋燭の火が消えるので、思う以上に階段を上るのは時間がかかりました。

やがて、屋上につき下を見下ろすと、残っていた二人が上を見ています。

私達は「お~い!」と、声をかけると、「きゃーー!」という叫びを上げて、友人は車に戻ってしまいました。

私達はわけがわからず駆け下り車の鍵をかけ閉じこもっている彼女に「何があった!?」と、たずねると「なんで・・・!なんであんた達が屋上に居るのよ!!」と、叫びました。

それ以上は泣きじゃくってしまって、何も聞けなかったんですが、もう一人の話によると、私達は最初玄関から入っていって、右に行き、しばらくすると玄関の前を通っていった。

そして、もうしばらくすると、左に行ったはずが、また右に行きまた玄関の前を過ぎていった。

ソレは私達もわかりました。
しかし、その後の彼の話に背筋が寒くなりました。

私達が2度目に通った後、3分ほどして私達がまた玄関の前を通ったと言うのです。
しかもその時下の二人は「その私達」に「もう帰ろう」と、声をかけたそうです。

すると私達は「ううん。誰か居るんだ。誰か居るんだ」と、言ってまた階段を登っていったそうです。

顔は暗くて見えなかったそうですが、蝋燭を持っていたし、間違いはないといっていました。

そして、「その私達」が上って行き、ものの5秒ほど後に私達が上から声をかけたらしいのです。

その建物は5階建てで、絶対に5秒では登りきれるものでは在りません。

しかも、私達は前述した通り、何度も蝋燭の火が消え、登るのには時間がかかりました。

それを聞いた私達は怖くなり、帰ろう・・・という話になり車に乗りこもうとしたときでした。

「・・・帰るの?」

・・・私達全員が耳にしました。

そして、私と、一緒に上った友人が一緒に声のした上の方を見上げると、小さな蝋燭の明かりのようなものが見えました。
そして、その明かりに照らされているにも関わらず、全く顔が見えない二人の影も・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!