あのマンション、出入りが激しいらしい

自分の地元にとある神社があって、お祭りと年末年始に黒山の人だかりになる以外はわりと静かな所。

もとは結構広い敷地だったらしいんだけど、いろいろあって今はお社とその周辺(それでもちょっとした公園規模)のみ。
元の敷地にあった石碑とか鳥居とかがほぼそのまま道路とか住宅街に残ってる。

その中で、道沿いにマンションが立ち並ぶ一角の道路に大きな鳥居があって、鳥居の真下に道路を作って、車が鳥居をくぐるようになってる。

なぜか、神社から見て左側のマンション、それもちょうど鳥居の横棒?が指してるあたりが人の出入りが激しいらしい。
そのあたりの部屋に入居する人はことごとく病気するか、亡くなるかで住めなくなるんだそうな。

マンション内の自宅で習い事の教室をやってた奥様によると、「トイレに行った生徒さんがね、『旦那さん、お休みでお家にいらっしゃるんですか?』って聞くのよ。私、独り身なのにね。鍵もかけてるから、誰も入ってこないと思うんだけど、時々誰かうちの中歩いてたのよねぇ。」と。

いやそれが幽霊でも生きた人間でも問題かと思うんですが・・・。

それでも立地がいい(市街地、駅、商業施設、学校が近い)からか、特に若い世代が入居しては去っていくとか。

引越し屋さんが来ると「ああ、また…」と思うくらいには日常化してるんだけど、不思議とお祓いとかそういった話は一度も出てこないらしい。

年配の方々は「境に近い所だから、ああいう所は良くないんだ」という様な事を言ってるけども、起こっている事との因果関係は不明。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!