物件を見抜く猫

知り合い「あそこのマンションで、面白いっていうか興味深い話を聞いてきたよ」

知り合いがそう話し掛けてきた。
彼女は不動産関係に従事している者で、私と友人との共通の知り合いでもある。

知り合い「うちじゃあの物件扱っていないから、業界筋の話なんだけどね。あの子の上の部屋に問い合わせがあったらしいの。そうそう、少し前に飛び降りがあった部屋。担当は早いトコあの部屋を処分したかったみたいで、気合いを入れてたんだって」

不動産屋ってのも因果な商売だな。

知り合い「まあね。問い合わせてきたのは、私たちと同年代の女性だったらしいんだけど。この人、現地確認の時に猫を連れてきたんだってさ。『すいません、ここではペットは飼えないんです』って担当が断ったら、『ああ気にしないで下さい。私の猫じゃなくて友達の猫なんです。家を見る時には立ち会って貰ってるんです』ですって。奇妙に思ったんだけど、ならいいかって考えて、そのまま部屋に行ったのね」

知り合い「鍵を開けて中に招き入れた途端、フーッ!!って唸り声が上がったの。そう猫よ。腕の中に抱かれたまま、全身の毛を逆立てて唸ってたんだって。そうしたらその女性、それ以上部屋内に入らないままで言ったの。『御免なさい、私やっぱりこの部屋駄目です』で、そのまま帰っちゃって、この話は無かったことに」

猫、何か見えてたのかな?

知り合い「さぁ?猫と話が出来る人じゃないとわからないわね。でもその時の担当も言ってたけど、その猫マジで欲しいなぁ。こっそり連れて行けるから、陰のアドバイザーとしては凄く優秀よ」

商売人の目になって、彼女はそう言った。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!