その男の最後の願いだった

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

あれは初めてラフィティングに挑戦した時のこと。
ラフティング=ゴムボートで急流下りね。

8人乗りのボートが6槽あって私達は先頭のボートだった。
川の流れは予想以上に激しくて翻弄されたけど、スリリングですごく楽しかった。

状況が一変したのはガイドの「あれ、何だ?」の一言からだった。

見ると黒いボーリングの玉みたいなのが浮いてる。

ん?頭!!!

よく見るとうつ伏せで浮かんでる男の人だった。

全員氷ついた。
衝撃のあまり悲鳴あげる人すらいなかった。

他のボートをストップさせなぜか私達のボートだけで彼を追い始めた。
レスキューすればまだ助けられるかもしれないって思いもあったと思う。
必死でオールを漕いだけどなかなか追いつけない。
一部の女の子が泣き出した。

私が思わず「がんばって!まだ間に合うかもしれない」って言った瞬間だった。

「嫌だ嫌だ、このまま流されるのは嫌だ、海の藻屑になるのは嫌だ。帰りたい家に帰りたいここは嫌だ寒い冷たい」

そう声が聞こえた頭の中には水の中から彼を追いかけてる私達の映像が・・・。
はっきりと見えたまるで私自身が流されてるかのようだった。

そんな白昼夢?の中でも私の意識ははっきりしていた。
その時スゥ~っと彼が私の元に流されてきた。

彼の着ていたフィッシングベストをオールに引っ掛けて、「つかまえた~!」って叫んだらガイドが飛んできた。

ガイドと二人で彼を引き上げた瞬間、彼のシャツがめくれあがった!
そこには赤・青・紫の死斑がブワァァっと浮き上がってた!!

手は白蝋のように真っ白でグローブのように膨れて皮がベローンと垂れ下がってた。

レスキューどころじゃない完全に逝ってる!
でもとりあえず彼をボートに引き上げた。

しかし、すごい悪臭が漂い始めた。

マズイと思いつつふと足元を見るとなぜか赤い??
彼を見たら体中の穴目・耳・口から血が噴出してる!!!

みんな青くなったこのままじゃボートが血の海になる!!

みんな死に物狂いでオールをこいでなんとか砂地にボートをつけて、蜘蛛の子を散らすようにボートから逃げ出した。

やっと帰れる・・・。
その時私の口から出た声は低い男の声だった。

その後は警察が来てガイドが事情聴取を受けたり、鑑識の人が手袋を赤く染めながら彼を調べたりしていた。

警察が血まみれのボートを洗ってくれるはずもなく、ガイド達が半泣きでボートを洗ってくれた。

その晩彼はしっかり私の枕元に立って頭を下げてた。
この時は声は聞こえなかったけど、翌朝枕元がびっしょり濡れてた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!