あの日が父との最後だった

自分が成人式を終えた年。

高校を卒業してすぐに一人暮らしをして働いていた自分はふと実家が恋しくなり、その週末は実家に帰ることにした。

週末はいつも昼過ぎまで寝ている姉が珍しく朝から起きていて、久し振りに家族全員が揃ってお昼ご飯を食べた土曜日、リビングで昼寝をしていた父は心筋梗塞でそのまま目を覚ますことなくポックリ逝った。

突然のことに母は呆然としてしまい、葬儀屋とのやり取りや役所や銀行などの届け出は姉と自分が走り回った。
自分自身、何かに没頭しないとへなへなになると内心思っていたからか、お通夜から初七日までとにかく走り回って「悲しい」という感情が無くなったように涙ひとつ流れなかった。

仏壇の父の遺影を見ても実感が湧かないし、姉と「もうちょっと痩せていた頃の写真使った方が良かったかなw」と話していたくらい。

で、翌日に四十九日を控えた日の夜、夢に父が出てきた。

母と姉と自分はお昼ご飯を食べ終えて、仏壇のある和室でゴロゴロしていたら「ただいまー」と父が普通に帰ってきた。

夢の中の仏壇にも父の遺影は飾ってあるのになぁーと思いつつ、自分は父が帰ってきたことがすごく嬉しくて喜んだ。

お腹が空いたと言うので自分の残した冷食のエビピラフがあるよと言ったら嫌がられたw

自分たちは真夏の格好なのに、父は何故かセーターを着ていた。
母からプレゼントされたセーターだと、生前の父に聞いたことがある。

皆でたわいない話をしていたが、日が傾き始めた頃、父が立ち上がり「それじゃ、そろそろ行くわ」と玄関に向かって歩き出した。

直感的にもう二度と父に会えなくなる、と感じた自分は大泣きで父にすがり「嫌だ!行かないで!行かないで!」と叫び続けた。

母と姉、当の父も少し困った顔をしながら自分を見ている。

「もう行かないと駄目なんだ」と父に言われ、あぁ本当にこれでお別れなんだと感じたところで目が覚めた。

夢から覚めてからもわんわん泣きに泣いた。
父が亡くなって初めて泣いた。

顔を見に来てくれたのかなと思ったけど、きっと父はもう夢にも出て来てくれないんだなと思うと寂しくて仕方なかった。

何故か「二度と父には会えない」と強く感じたにも関わらず、年に一回くらい夢に父が登場する。

一緒にバッティングセンターへ行ったり、新作のゲームの話をしたり。
自分が落ち込んだときに現れるので、単に自分の願望が出て来ているだけなのだろうとは思うけど、あの夢だけは父が本当に来てくれたんじゃないかなと信じている。

でも最後なのに食べ残しの冷食エビピラフを勧めるわ、お気に入りのセーターを引っ張って袖をびろーんってさせるわ、親不孝者の娘でごめんなさいお父さん。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!