どうせ目的地まで行ったらシートが濡れて・・・

タクシー運転手の知人がお盆中に体験した話。

深夜、酔っ払いの男性客2人をタクシーに乗せた。
二人ともこっくりこっくり大人しく居眠り。
目的地に着いたので声をかけて起し、二人はおとなしく料金を支払って降車。
今日の営業はこれで終わりにしようと思って営業所に帰る途中、「おい!どこ走ってるんだよ!」と、後ろからいきなり声をかけられた。
運転手はビックリして慌てて路肩に止めた。

運転手「あ、あれ?!お客さんさっきお連れの方と降りたものだとばかり・・」

客「あいつとは行き先が違うんだよ、とにかく○○まで行ってくれ!」
運転手「か、かしこまりました」

もうひとり(?)の客を乗せながら運転手はあれこれと思い返していた。

『俺は確かに二人一緒に降車したのを確認してる・・ってことは、いま後ろに乗せてるのは幽霊か?もしそうだとしたら、目的地に到着した時シートだけ濡れてて客は消えてたという話をよく聞くから、ひとまず冷静に目的地まで送り届けよう・・』

そして目的地に到着。
客は消えていなかった。
きちんとお釣りまでやりとりし、降車した客はマンションの入り口まで歩いていった。

はぁ~よかった~人間で・・・・・じゃ、さっき二人降ろしたと思ってたけど、そっちがひとり幽霊だったのか?!

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!