あの廃墟はもう絶対にいかない

ことの発端は友達との昼休みの話。

A君が急に「廃虚探索行きたい」って話をしだした。
俺とU君は怖いの無理だし、地元に廃虚なんてねぇよって言ったんだけど、A君があんまり怖くない廃虚があるんだよってしつこく粘着するから、俺とU君はしぶしぶ行くことにしたんだよ。

待ち合わせは夜の9時に近所のコンビニ。
そこから少し歩いてすっげぇ暗い細道歩いていくと目の前に、もう誰も使ってないボロボロの事務所(多分3階建て)に到着。
あまりの雰囲気に俺の懐中電灯の光が震えててびびった。
マジでやばいって言ったけどA君は「別に心霊スポットとかじゃないし兵器だよ」って。
それでいざ入ろうってなったけど、案の定扉が開いてない。

俺とU君が開いてないからもう帰ろうって言い出した途端、A君がなんか用具室?みたいなとこの小窓が開いてる事に気づいた。
そしてAくんがそこから入って裏から扉を開けやがった。

めっちゃ錆びてて虫の死骸がくっついてた扉から入ったんだよ。
ちょっと入って懐中電灯当てたら、なんかいろいろ散乱してて、棚みたいなやつの中に緑と黒が合体したみたいな色の赤ちゃん人形があった。
もう怖すぎて半泣きだった。

しかもなんかU君はノリノリだった。
そしたら入って奥の廊下がまっくらだったんだけど、向こうから「アァーン」みたいな音が聞こえて俺含め全員一瞬で逃げた。

もう今にも泣きそうな俺を見てA君が「明日にしよう。今日は無理。」とか言って鍵を開けたからいつでも入れるってことでその日は帰った。

これが一日目元のとこから引っ張ってきただけです。

二日目、もう一回行ったらAくんが購買の200円のヒレカツパンを買ってくれるって言うからまたU君とついていくことにした。

二日目でもうすげぇ怖いから一応塩とお酢を持って行った。
てか今思ったけどこれって不法侵入じゃん、どうしよう。
そしてまた自転車で片道30分ぐらいで到着、時間は多分8時位。
よし入ろう!って思ってA君が扉を開けようとした時気づいた。

昨日最後に廃虚から出てきたのはA君で、しかもその時絶対扉は開いてた。
でもそれもさっき気づいたんだけど、それで入ったらもう泣きそうになる俺。
なんでかって、なぜか昨日はあったあの赤ちゃん人形が無くなってた。

みんなで、なんでなんでなんでってビビッてたけど、その日は塩もあったし、俺が率先して進むことにした。

率先したは良いけどやっぱりすげぇ怖いの。
なんか壁に落書きとかあったら怖さ減るかもだけどなんもない。
すげぇ綺麗な状態で中はびっくりすぐらいものが整頓されてた。
でもなんか女と街の絵だけ怖かったわ。

それでみんなでここから色々探索してみることにしたんだよ。
俺が見つけたのはなんかわからないけど、工業高校の漫画とその事務所の働いてる人のタイムカードみたいなやつがあった。
あんがい普通で、友達と笑いながら探索してたんだけど、U君が「じゃあ次は2階だな」って言い出して、でも俺らいまノリノリだから行こーぜてきなノリで進んでった。

そしたら2階はめっちゃ物が散らばっててごっちゃごちゃしてた。
すげぇごちゃごちゃで机にいろんなダンボールの中身がぶちまけられてた。
色々見たけどあんまり面白いものもなかった。

ちょっと面白かったのは多分だけど、昔の扇風機とかそういうの。
あんま怖くねぇなってみんなで笑ってたら外から音がする。

俺らの体が固まってみんなで聞き耳を立ててたんだよ。
そして俺とA君が窓の外を見たら人がこっちに向かってきた。

そいつは裏口じゃなくて表口のほうに走ってった。
だけどもっかい戻ってきたと思ったら裏口のドアを開けてきた。

もうここで俺ら警察かと思ってビクビクしてんの。
これで見つかったら学校退学なのかなとか考えてたんだけど、なんか一階の方に早歩きで向かっていったんだよ。

警察にしてはなんでここに急に入ってきたんだ?って感じだったんだけど、しばらくしてから一階の奥側から「あぁああぁぁぁぁあぁぁああぁぁぁぁあ」って叫び声が聞こえてきた。

でも叫んでる声はちょっと平井堅みたいに良い声だった気がした。
でもその声聞いてから俺とU君くんがもう泣いた、普通に泣いた。

警察だったらどれほど良かったか。
AくんはちなみにTwitterしてた。

俺とU君は二人でどうしようどうしようってずっと言ってたら、Aくんが「帰ろう、ほんとにヤバイ」って言い出した。

そんなのわかってるし、お前はまずその画面を一番暗くしてるスマホを消せや
って感じだった。

で、俺らはとりあえず2階のトイレ?洋式のすっげぇ汚いとこに三人で隠れたんだよ。

しばらくした下からドタドタ聞こえてきてこっちに来るって感じが伝わってきた。
階段をのぼる音が聞こえてくる。
すげえ早足なんだよ。

なんで廃虚に人が来るんだって思ったけど、それは俺らもだわってなって。
なんでこんな目に遭うのよってもう脇腹が痛くなった。

でもその人は2階に行かないで3階に登っていった。
3階でもやっぱり「あぁああぁぁぁぁあぁぁああぁぁぁぁあ」って叫んでてちょっと漏らした。

それで上の天井から聞こえてくる足音から察して奥の方に行ったから、すかさず俺とA君がドアを開けてゆっくり下に降りていったんだ。

ギィギィ鳴ってるからもうバレたらダッシュの覚悟だったんだけど、U君が全然ついてきてない。

腰抜かしてんのか知らないけど、トイレの扉は開いてるのに出てきてなかった。

俺がやばいやばい行ってる間にA君が「連れてくる」ってもっかい向かってったんだよ。

その時だけA君のことがすげぇかっこ良く見えた。
すごいDQN見たいな見た目だけど。

相変わらずあの変質者は3階にいるままなんだけど、すごい静かなんだよね。

A君がU君の手繋いで一緒にこっちの階段の踊り場の方に来てる途中で、またドタドタ音が聞こえてきた。
でも歩いてるってよりは足踏みしてる感じだった

で、もう踊り場の方に来た瞬間に「今だっ!」って感じで静かに早歩きをしながら階段を降りていった。

裏口は閉まってて俺が開けてその後ろを二人が来て、ようやく脱出、もうほんとに膝から下がガックガクになってた。

トイレで隠れてた時についたのか知らないけど、虫がズボンにめっちゃ潰れて付いてた。

それでもうそこから離れたところにある自転車で逃げました。
もう廃虚なんて二度と行きません。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!