死んだ母が天井から呼びかけてくる

年の離れた弟が居て弟がまだ3歳位の時に母親が亡くなった。
それからは父親と自分と弟と祖母の四人で一軒屋に暮らしていたんだけれど、二回忌を迎えた辺りで弟が「家の中にお母さんが居る」って言い出した。

いつ見るの?って聞くと夜中に目が覚めたら枕元に立っていたり一人でいると遊んでくれたりしてると教えてくれた。

その頃自分はもう高校生になっていたから、そういうことは信じてはいなかったんだけど、弟はまだ小さいから見守ってくれているんだな・・・と父親と祖母は喜んでいた。

そんな感じで結構頻繁にお母さんが居るって弟が言っていたんだけど、たまに夕飯の最中にお母さんが居ると何もなに所を指で指したり、一人で何もない所に話しかけたりしていて、見えているのが身内とは言えどちょっと薄気味悪い雰囲気を味わう時もあった。

何ヶ月かした時に家に帰ったら弟が泣いていてどうしたのか聞くと、お母さんにぶたれたと言っていた。

どうにもキッチンのコンロの辺りで遊んでいたら怒られたらしいのだけれど、母親は生前子供でも絶対に暴力をするような人ではなかったし、自分も怒られはすれど一回もぶたれた思い出がなかったから、なんだか少し羨ましかった。

お風呂は自分が弟と一緒に入るようにしていたからその日も夕飯が終わってから一緒に入っていて、弟はなんかよく分からない形の水鉄砲で遊んでいて和んでいたら突然「お母さん今来るよ」と言い出した。

結構驚いてここに?と聞くと「お姉ちゃんに会いたいみたい」みたいなことを言われて、少しだけ怖くなってもう出ようかと言ってる途中で「来たよ」と弟が言った。

でも弟は何故か天井の方を見ていて、つられて天井の方を見たら網状の換気扇があってそこを見た瞬間、湯船に浸かっているのに肩から上からびっしょり冷や汗が出てきていた。

コンコンと換気扇を叩くような音がして弟が返事をしようする雰囲気があったから思わず口を塞いだら、ちょっと抵抗されたけど黙ってくれた。
それから何回か音が聞こえてもじっと黙っていると、換気扇から「お母さんだよ」と聞こえてきた。

でも声は母親とも似つかない低い声。
なんだか少しおどけている様な変な感じもして絶対に母親の声ではなかった。
思わず父親を大声で呼んだら、大きい足音がして父親が直ぐ来た。
もう一度呼ぶと風呂場のドアを開けてどうしたと聞いてきたけど、同じ位のタイミングで「お母さんだよ」と換気扇から聞こえてきて父親が固まっていた。

弟は変な雰囲気に気づきはじめて泣き顔になっていたけど、父親が弟を抱きかかえながら「お前は○○じゃない」と母親の名前を言った。

換気扇から今度は「○○だよ」と、さっきと同じトーンで返ってきて父親は「違う」と言い返して、何度かそれを繰り返していると声が止んだ。

それから弟はお母さんが居ると言うことはなくなって普通に育っていったけど、いつかまたお風呂で声を掛けられるような気がしてる。

お風呂の一件があってすぐに霊能力者に相談しようかみたいな話にもなっていたけど、そういう知り合いもまったくいなかったからどうしようも出来ないまま終わった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!