霊とは相性の悪い私

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

私は元来霊感がほとんどない人間でした。

霊体験(とおぼしきもの)も数えるほどしかなく、しかも幼い頃がほとんどで、空想の産物だったのではないかとさえ感じているくらいです。

そんな私が体験した霊体験と思える出来事は以下のようなものです。

3年ほど前、私は東京中野の賃貸マンションに住んでいました。

ある土曜日、会社が休みだった私は、当時3歳の息子と二人で部屋の中であそんでいました。

あそぶのに疲れた私は、こどもを一人であそばせておいて、部屋の中でごろごろしていました。

そのとき、背中を台所のほうに向けていたのですが、どうも台所に人の気配を感じるのです。

不審に思い、台所をのぞいてみましたが誰もいません。
ところがまたごろごろしていると、やはり人の気配がはっきり感じられるのです。

ふと気がつくと、気配が消えました。
時間にして2~3分くらいだったと思うのですが、かなり冷や汗をかいていました。

そのときです。
隣の部屋で一人であそんでいた息子が、「お化け、どこにいった?」と私に聞いてくるではありませんか。

不思議なことですが、息子にはしっかりお化けの存在がわかっていたそうです。

どんなお化けだったかなど詳しいことは、まだ幼い子どもは説明できませんでしたが、同じ時間に同じ存在を親子そろって感じていたことは確かなようです。

ちなみに、友人に霊感が非常に強い者がおります。
以前彼にその部屋を霊視してもらったところ、「この部屋には一切霊の存在を感じない」といっていました。

そのときの出来事を話したところ、「たまたま霊が通っただけだと思う」といっていました。

その後、その部屋では怪異現象は一切起こりませんでした。

余談ですが、前述の友人の部屋には大量の霊が入り込んでいるそうです(かなりえぐい体験談も聞きました)。

ところが、私が一泊したところ、部屋の中から霊が消えてしまい、半年くらい全く帰ってこなかったと行っていました。

私には霊を払う能力があるのか、もしくは霊に嫌われているのか・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!