これは私の筆跡ではない

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

今さっき思い出した話書きます。

10年ほど前に夢日記を書いていた時期があって、登校中にバスの中で寝ぼけながらその日見た夢の内容をメモ帳に残してた。

その頃よく見ていたのが、男性のサラリーマンの自分が仕事をしている夢。

私は当時高校生でそのうえ女だったから、現実とのギャップが面白おかしくて、
夢日記を書き始めてしばらくした後、読み返そうと思って開いてみた。

けれど寝起きが悪いせいで字が汚く所々読めない箇所があったりして、アチャーと思いながらページをめくってたけれど、突然キレイな文字で書かれたページが出てきた。

いぶかしく思って内容を確認すると、夢日記のはずが日々の私の日常が書かれていた。

今日は友達とカラオケ行ったとか、冒険して買ったジュースがまずかったとか(最近買った伊藤園のほうじ茶ラテはおいしかった)。

自分はそんなことを書いた覚えがないから気味が悪かったけれど、くわえて筆跡が明らかに自分のものと異なるのが余計に気持ち悪く、学校で読み返していたからすぐに教室のゴミ箱に捨てておいた。

それでついさっき、その記憶を思い返すことはぜんぜんなかったけれど、久々にサラリーマンの男性になる夢を見た。

自分は夢だと気付いていないから仕事を延々とこなしているんだけど、自分が書いた字を見たとき、ハッとして、夢日記に書かれてたあの筆跡はこれだ!と思った瞬間跳ね起きた。

胡蝶の夢みたいだと色々考えてるけどかなり興奮してる。
明日も仕事なのに寝付けなさそう。

さっきの夢を見たとき最初は不安になって勢いに任せてレスを投下してしまいましたが大分落ち着いてきました

もしあのサラリーマンの人が実際にいて夢日記を書いてたら、私の汚い字が所々にあったりするのかな、と思うと楽しくなるくらいの余裕が出てくるほどだから、そこまで怖い話じゃありませんでしたね。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!