同僚が寂しくて連れて行った

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

先日、両親と酒を酌み交わした時に聞いた、警察での不思議な話です。

自分の家は父が現役の警察官、母も元警察事務で、出会いも警察学校という筋金入りの警察一家。

母は既に警察事務を退職して、小さな会社で事務作業員として働いていますが、未だに元同僚との飲み会は父と一緒に行きます。

いつも、警察24時を見るたびに二人は、画面を指さして、「おお、○○でぇ」と言っています。

その不思議な話は、母がまだ警察事務として働いていた2000年代前半のことです。

ある日、朝から剣道に勤しんでいた中堅警官のAさんが、心筋梗塞?か何かで突然倒れて、急ぎ病院に搬送されました。

医師からはもう半日も持たないと言われて、同僚たちは急いでAさんの家族(奥さんと一人息子)へと連絡したようです。

連絡はすぐについたものの、郊外にあるAさんの家から病院までは公共交通機関がなく、家には車もありません。

そこで、当時勤務していた自分の母がAさんの家を知っていたので、母ともう一人の同僚でAさんの家へと向かい、そこで二人を拾って病院に直行しました。

一刻を争う事態にも関わらず、病院に続く道は渋滞。
このままでは、病院まで1時間はかかってしまいます。

万事休すかと思われたその時、脇道から、赤色灯を光らせるパトカーが現れたのです。
それは無線でその情報を受け取った、Aさんの同僚達でした。

パトカーに先導してもらい、すいすいと渋滞をすり抜ける母とAさんの家族を乗せた車。
Aさんの奥さんは、涙ながらに感謝していたと言います。

職権汎用には間違いありませんが、それでも、結果としてAさんの家族は20分ほどで病院に辿り着きました。

結局、Aさんは亡くなってしまいましたが、家族はその最期を看取ることができたそうです。

同僚の最期に家族を付き添わせるため、パトカーで家族を先導した。
ここまでは警察内部の感動する話です。

不思議な話は、Aさんが亡くなる前にありました。

Aさんは亡くなる数年前、いつも、腕の立つBさんという後輩と練習をしていたそうです。
ところが、Bさんは勤務中に突然苦しみだし、亡くなってしまいました。
病院に運ばれる前には既に亡くなっていたようです。

Aさんは後輩の死に悲しんでいたようですが、それでも練習を積み重ねて、県内でも相当な腕前を持つようになりました。

そんなAさんがある日、父にこう話したようです。

「Bが最近夢の中に出てくる、とても人懐っこい笑顔で、あの頃のように話しかけてくる。それでな」

そしてAさんは、どこか懐かしむように、こう付け足したといいます。

「『Aさん、久しぶりに、一緒に剣道やりましょう』って言ってくるんだ」

それは、Aさんが亡くなる数日前とのことでした。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!