その女には誰も気づいていない

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

昨日の夜、新宿区の某所をふらついてたら、やたら背のでかい、コートを着た女と、まだ小学校低学年くらいの女の子が、並んで立っていた。

最初親子かな?と思ったのだけど、よく見ると、それにしては様子が少し変だった。

女の子の方は、泣いているのだろうか、手を目に当てながらうつむいていた。
そして、デカい女の方は、ずーっと「この子どこの子?この子どこの子?」って首をきょろきょろしながらつぶやいてた。

俺はその様子が気になってなんとなく眺めていたんだけど、そのうち警官がやってきたみたいで、女の子だけを保護していった。

例のでかい女の方は、ぼけーっと女の子が警官に手を引かれるのを黙ってみていた。

数分後、その女の子が、母親らしき人と、さっきのでかい女と三人で並んで歩いていた。
女の子は母親に手を引かれ、すっかり安心しているようだった。

デカい女は相変わらずぼそぼそっと何かつぶやいてた。

「かいの子かいのどこ行くの?かいの子や」とかなんかそんな感じの言葉だった。

当然のように、母娘の会話に入ろうとしながら、並んで歩いていた。

ずっと不思議だったのは、女の子にしろ警官にしろその母親にしろ、むしろ通行人の誰一人として、その女の存在が見えていないようだった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!