俺を頼って出てきた霊

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

長くなるけど、実際あったこと。

拝み屋系の血筋であるうちの家族が「魔」と呼んでいる怨霊とも言えない、色んなものが重なって出来た異質の存在に出会ったときの話。

個人ビル一階にフレンチレストランがあって、俺はそこで働いていた。
担当はホールとデザート作り、といった感じ。

そこのオーナーは馬鹿ほど怖いものが大好きで、店のプロジェクターで夜な夜な「呪いのビデオ(笑)」を見る人だった。

裏口が鬼門で只でさえ霊の出入りが激しいのに、そんなもんを店を閉めてから夜な夜な見てるもんだから幽霊がいないことがない、いないときのほうが珍しい状態。

で、ある日、俺がホールでお客さんの様子を棒立ちしながら見ていると、俺のコックコートの腰エプロンを掴んで揺する男の子が現れた。

「随分、今日はハッキリ見えるなぁ」と思いながら、その緑色の男の子を見る。

あまり悪意なさそうだから「ちょっと離れてくれ、仕事してるんだ」と心の声で話しかけてみたが、一向にやめない。

揺れが目に解るほどに激しいもんだから、バックにいたシェフKが「おいおい、どうした?」と
俺を心配し始めた。

「いや、その、ね?」って言ったら、Kも大体を把握して「厳しくなったらいえよ」と一言。

よくよく店内を見回すと、やけに騒がしい。
そして店の1番奥の隅、気付いたら何かがいた。
静かに現れた・・・。

大本は女の上半身だった。
髪はそこそこ長くて、腰までしかないんだけど、異様だったのは、女の腕の周りから幼児ほどの腕が各10本ほど生えてた。

腹の周りにはそれまた幼児の顔がずらっと埋め尽くすように並んでて、腰の辺りから幼児の足がニョキニョキ生えてる。

そんな異様な赤い奴。

「え、なにこれ?」だった。

今まで、なんというか、体の一部がない幽霊だとか、体の一部が肥大化してるのだとかは見たことあったんだが、こんな不気味な物体は初めてだった。

コックコートを引っ張る男の子が、赤い奴を指さす。

「何とかして」と言ってる様だったけど、あまりの醜悪さと強烈な悪意に自分の力ではどうにも出来ないと、断る。

気付いたら自分の周りは幼児だらけ。
更に揺れが激しくなる中、赤いのは俺に視線を合わせて、ニタリ、笑ってた。

俺は揺れながら、「これはまずい!」って思ったときに、思い切り倒れた。

タイミングよくKが支えにバックから出てて、床ズバーンってことはなかったんだけど。

バックに引きずり込まれながら、「顔が熱い、右の顔が」と俺。

Kめっちゃ焦りながら俺の顔を覗き込み、表情を変えた。

「オマエ、誰だよ?」って言われて、察しがついた。
「だって、お前、顔半分別人じゃん!!」って。

結局、その日は少し休んで、赤い奴をガン無視して早退。

母に電話で相談して、そこで初めて「魔」だとか言われて、うは、厨二乙wとか思いながら色々対処して寝た。

数日仕事復帰して泊まり込みしたときには赤いのはいなかったけど、赤い奴の本体だった女の残り香みたいなのが残ってて、泊り込みした全員の夢の中に女が現れ、皆パニック。
そしてそれっきり女はいなくなった。

母曰く、祈祷師だとか拝み屋の血筋は霊たちに解るから
助けを求めたり、力目当てで寄ってくるらし。

いい迷惑だ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!