音がなる家は不幸がある

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

中学一年生のとき、親元を離れて親戚の家に下宿していた。
そこは静かな住宅街にある一軒家。
私がいた部屋は二階の和室で、窓の下が細い道だった。

夜の九時を過ぎた頃、部屋にいると、シャン、シャンと音がして、何かが近づいてくる。
足音だとしたら、すごくテンポが遅くて、シャン、という音が完全に消えてから、次のシャン、が始まる。

その音は、外壁のすぐ前まで近づき、少しの間とまってから、また遠ざかっていく。

近所の人が外の道を歩いているんだろうと、はじめのうちは思っていた。
けど、一か月もする頃に、気づいたのだ。

外を歩く人がいても、窓を閉めているのに、足音なんて聞こえない。
夜の九時を回った、ちょうど同じ時刻にだけ、あの音がする。

じゃあ、なんだ?ということになる。

窓を開けて外を見れば、原因は、はっきりしたかもしれない。
けれど、私はしなかった。

なぜか、何もせずに、やりすごす方が良いと決めてしまっていた。
そのことを、親戚夫婦にも親にも言わず、ただ、同じ時刻に近づいては遠ざかる音を聞いていた。

家の持ち主の親戚は当時、六十代の夫婦だったが、秋口に小母さんが体調を崩して、私は親のところに戻った。

後になって、親から聞いた。

親戚の小父さんの母親、小母さんにとっては姑さんと小母さんの折合いが悪く、結局は姑さんが、
家の中で、首を吊ったのだという。
その後、同じ場所に建て替えたのが、私の下宿した家だった。

現在、小父さんも小母さんも亡くなり、二人の息子が一人で、あの家に住んでいる。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!