母親に殺されかける?

友人から直接聞いた実話です。。

Oは、昔から読書が大好きな少年だった。
いつも何かの本に夢中になっては、誰かに止められるまで読みふけっていた。

彼の家は築十数年の木造二階建て。
Oは二階にある一室を勉強部屋として与えられていた。
そんな、ある休日の午後のこと。
Oはいつものように、自分の部屋で、冒険小説に夢中になっていた。

そして読み始めてから数時間経った頃だ。

「はーい。なあにー?」

母親に自分の名前を呼ばれた気がして、Oは大声でそれに応えた。

扉を開ければすぐに階段があり、そこを降りれば1階である。
食事や用事がある時は、いつも母が階下から呼びつけるのだ。

しかし、返事はなかった。

あれ?思い違いだったかな?とOが思った時、スーっとふすまが小さく開いた。

「・・・・・・?」

寝転がったまま、ふすまの隙間から向こうを見ると、母親が「おいでおいで」と手招きしている。

「・・・何なの?」

やっと身を起こしたOが、ふすまに手をかけようとしたその時・・・。

ふすまが消え、母親が消え、視界いっぱに地面が飛び込んだ!

「うわあああああああああああ!!!??」

Oが向かったのはふすまではなく、まったく逆方向にある筈の、窓だったのだ。

なんとかバランスを保って墜落をまぬがれたOだったが、「もし落下防止用に取り付けられた柵が、もう少しでも低ければ」と、思い返す度にゾッとするという。
果たして、彼が見たのは幻だったのだろうか?

それから2時間ほどして、本物の母親が帰宅した。
家の中で独りきり、恐怖にうち震えていたOは、すがりつき、泣きながら母親に事のあらましを説明した。

すると彼女は神妙な顔をし、意外な話を息子に聞かせてのだ。

「私も最近おかしなことばかり起こるのよ。二日前のことなんだけどね、お買い物から帰ってきたら家中の窓が全部開けはなれてたのよ。もちろん家には誰もいないし、出かける前に戸締りはちゃんと確認したはずなのに。あれは何だったのかしらね」

友人とその母が体験した話でした。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!