何度閉めても開いている

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

子供を産んでからはさっぱりな私も、それ以前はちょこちょこ変なのを見たりしてて、その中で1番怖かった話。

今から10年ほど前の7月、今の旦那とワケありで古い一軒家で同棲し始めた時です。
その日は生理痛がひどく会社を早退してきた私が家の扉を開けると、玄関のすぐ左横にある階段を「タン、タン、タン」と勢いよく上がっていく足音が聞こえました。

あまりのリアルさと、生理痛の痛みで朦朧(もうろう)としていた私は、特に疑うこともなく「Nちゃん(旦那)も帰ってるの~?」と声をかけた。
でも返事はなし。

その時は「聞こえないのかなー」ぐらいに思って、取りあえずすぐにでも寝たい、とすぐ右の台所で化粧を落とし洗顔を始めると、背後からミシミシ階段を降りてくる足音が。(台所の後ろに階段がある)

その足音の密やかな雰囲気と曖昧さに、『これは何かおかしい・・・』と思い、でももうどうしようもないのでそのまま洗顔を続けていたらすぐ後ろまで足音と気配がきました。
その瞬間、「ガッッ!!」っと大きな手に頭を上から掴まれました。

あまりの恐怖に声すら上げられず、取りあえず無心に化粧を落としていたら・・・いつの間にか気配は消えてました。

で、当時はよく2階を歩きまわる音が聞こえたんだけど、その時は「この家も安普請だから、隣の家の人が歩く音が響くなー」ぐらいに思ってたんだけど、今から思えばあれは霊が歩く音だったみたい。

2階には部屋が2つあって、間はそこそこ重い横引き戸で区切られてるんだけど、何度閉めても開いていることもありました。
1度今の旦那に話して、2人で閉めに行って、(旦那が開けている可能性もあったので)次の日2人でもう1度見に行ったらやっぱり開いていて・・・。

でもその年の8月のお盆を過ぎた辺りから、そういうのはパッタリやんで、あれは一体なんだったんだろう?って感じ。

特に身に危険は感じなかったので、害のある霊じゃなかったんだろうけど、旦那はお母さんが3歳の時に乳ガンで、お父さんが中2の時に交通事故でなくなってるので、もしかしたらどちらかが、お盆を利用して、同棲相手(私)を見にきてたのかも・・・と二人で話してました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!