傍らで笑う少女

今から2年ほど前、自宅のマンションで寝ていたときのこと。
夢の中で自分はなぜか、実家の父親の寝室で一人で昼寝していました。

ふと気がつくと、寝ている自分の右肩を知らない男がニヤニヤ笑いながら踏みつけていました。
目は瞑っていたのですが(夢だし)なぜかわかりました。

払いのけたくても、体がなぜか動きません。
恐怖心に襲われてどうしようどうしようと、一人焦っていました。

ふとそこで夢から覚めました。
目を開くと目の前には、ニタ~っと笑顔を浮かべた小学生ぐらいの女の子の顔がありました。
自分は一人暮らしなのでそんな女の子がいるはずがありません。

うわぁぁっと叫んで、手で押しのけようとしたものの。
見事に手はその女の子の体をすり抜け空振りしました。

そして、その女の子は気味の悪い笑顔を浮かべ、自分をじーっと見つめたまま宙に浮いて、すーっと壁の中に消えていきました。

時刻は夜中の2時ごろだったと思います。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!