ビルの倉庫での恐怖

私はあるビルに勤めています。
そこは4階から下が店舗。
5階が事務所で、6階は倉庫とロッカールームになっています。

私が6階倉庫に誰か居る事に気付いたのは、今から一年ぐらい前になります。
私は立場上、よく一人で残業をします。

その日もいつものように、5階事務所で机に向かい仕事をしていました。
すると天井から、トトトトトッと軽やかな音が聞こえて来たのです。
それはまるで、幼い子供がたてる靴音のように聞こえました。

私は手を止めるとすぐに6階倉庫へ上がったのですが、そこは真っ暗で、当然誰もいませんでした。
首をかしげつつ、私は事務所に戻りました。
その日を境に、私はその靴音を度々聞くようになったのです。

それはいつも私の上の天井を、背中の方から前へ向かってトトトトトッと駆け抜けます。
まず、倉庫をよく調べてみました。

事務所で聞く音の位置から、倉庫のどこら辺を駆け抜けるかが判断出来ます。
倉庫には高さ180センチの在庫置き用スチール棚が、6列ほど並んでいます。
しかし棚は私の席から見て全部横方向に並んでいるのです。
足音はそこに並ぶ棚を無視して、突っ切る方向に駆け抜けていることになります。
スチール棚を飛び越しているのでしょうか。
それが不思議でした。

また、音の聞こえる時間は大体9時前後でした。
音が聞こえて時計を見たときには、大体針が9時付近を指している事に気が付いていました。
しかし毎日ではありません。
どちらかというと、音が聞こえない日の方が多くありました。

そして聞こえるときはいつも一回だけ。
背後から前へ駆け抜ける。
いつも一回きりでした。

その日、私はいつも通り一人で残業を終え、その場で帰り支度をしていました。
ここでは基本的に残業はありません。
私以外残る人間はいないので、今まであの音を聞いたのは私だけでした。

私は皆が帰る時に一緒にロッカールームへ行き、手荷物を事務所へ持ってきてから残業をするようにしていました。
ひとりで倉庫のロッカールームへは行きたくなかったからです。

私は机の上を軽く片付け、事務所の電気を落とし、エレベーターで一階に降りました。
一階の配電盤でビルの電気をすべて落とし、出口の鉄扉に向かう途中、私は忘れ物をしていることに気が付きました。
友人に頼まれて買っておいた商品を、今夜帰りに渡さなければなりません。
それをロッカールームに置きっぱなしであることに気が付いたのです。

仕方ないので私は踵を返すと真っ暗な店内を歩き、エレベーターに再び乗り込みました。
扉が閉まる瞬間、右正面に掛けてある時計が9時付近を指しているのがちらりと見えました。
ちょっと嫌な時間帯です。
そういえば今日はまだあの靴音を聞いていません。

まあ、聞こえない日の方が多いわけだし・・・。
それにさっさと行動すれば大丈夫でしょう。
私は少し不安な気持ちで、移動していく階数表示を眺めていました。

程なくして、エレベーターは6階に到着しました。
扉が開くと、静まり返った倉庫は、エレベーター内部の明かり以外は真っ暗です。

エレベーターの正面は、向こう壁まで通路用に大きく開いています。
左の方にはスチール棚の端が綺麗に並んでいます。
そしてロッカールームの扉は、右奥の壁際に見えています。
明かりのスイッチはロッカールームの脇にあるので私はエレベーターの扉をロックすると、そこまで走る事にしました。

しかしエレベーターから体を出したその時、例の靴音が左の方向から聞こえたのです。
私は思わずそちらを見てしまいました。

そこには一番手前のスチール棚に、今まさに突き刺さる子供の後ろ姿がありました。
色ははっきりしませんが、暗い色の上着に、茶色っぽい半ズボン、それに白い靴下がぼんやりと見えたのです。
その子は、あっという間にそのまま棚を突き抜けると、靴音と共に奥の方へ走り去って行きました。
そして辺りはまた静まり返ったのです。

私はあまりの衝撃に、少しの間立ちつくしていました。
音はやはり子供の靴音だったのです。
棚を突き抜けたので幽霊と言っていいでしょう。
でも、どうしてこんな場所に・・・。

私はしばらく躊躇していましたが、勇気を出してロッカールームへ行くことにしました。
とりあえず子供は行ってしまったので大丈夫です。
不思議なもので、走るのをやめてゆっくり歩いていこうと思いました。
走ってしまうと逆に、恐怖が止めどなく押し寄せて来るような、そんな気がしてならなかったからです。
私は決心しました。

ところがまた靴音が聞こえて来たのです。
どうして?いつもは一回しか聞こえないのに。

それは左奥をトトトトトッと大きく回ってきたかと思うと、スチール棚のかげから走り出ました。

それは幼い男の子でした。
両手をこちらへ差し出し、屈託のない笑顔で私に向かって走って来ました。
その顔は本当に嬉しそうに笑っていました。
そしてその目は私を見ていましたが、私の顔には向いていませんでした。
ただ、笑った口だけは白い歯も見えず、その中は底なしの穴のように真っ暗でした。
実際私は、その口だけが先にせまってくるようにも感じたのです。

私はビクッと小さく飛び上がると、すぐにエレベーターに飛び込み、ロックを外しました。
すぐに扉は閉まりましたが、閉まりきる扉の隙間に男の子の手が入りそうなところでした。
私はエレベーターが下降し始めると、すぐに中腰になって天井を見上げました。
あの子が天井を突き抜けて来るような気がしたからです。
しかしそのようなことはなく、エレベーターは無事に一階へたどり着きました。

私はエレベーターから飛び出すと、一目散に出口の鉄扉まで駆け、それを引き開けました。
そして、あらかじめ握っておいた鍵を差し込むために振り向いたとき、閉まりつつある鉄扉の向こうに見えたのです。

非常口案内プレートの緑の光に照らされた、店内真ん中のエスカレーター。
その手すりの端に、先ほどの男の子の顔が乗っていました。
何故か体はなくなっていて、そこに乗っているのは頭だけでした。
先ほどとは打って変わった沈んだ表情。
目は伏し目がちに、口は堅く引き結ばれていました。
そして床には青い靴が一組、それが寂しそうに転がっているのが見えました。

私はヒッと口の中で短い悲鳴を上げ、扉を強く引き押さえながら、ガチャガチャと慌ただしく鍵を掛けると…夜の大通りをもつれる足で、駅へと向かって走ったのです。
結局、友人に渡す荷物は持ってこられませんでした。

2日後、皆と相談して、近くの神社からお払いに来てもらうことになりました。
いくつかお札を貼ってもらったその日から、もうあの靴音は聞かれなくなりました。
しかし私は、今も皆が帰った後の倉庫には入れません。
あの靴音がまた聞こえてくると嫌だからです。

あの子はいったい何が望みだったのでしょうか。
いまでも寂しくころがった一組の青い靴が忘れられません。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!