異次元のカラオケ屋

友達のカップルが体験した実話。
2人でドライブをしていた。
夏だったそうでとにかく何処でももいいから早く店に入ろーってことになったそう。

それで、少し古びたカラオケ屋が空いていたので入っていった。
入った瞬間、モワァァァァと熱い空気が充満していてクーラー効いてない!と思ったそう。
で、彼女と顔見合わせてたらボディコンの前髪ちびまる子のブスネエチャンが無言でトレイを持って立っていたそう。
小さなダミ声で「コチラヘドウゾ」って言ったのでついていったら。
迷路のように曲がったりまっすぐ進んだり、とにかく結構長い間3人で店ん中歩いていたそう。

そのとき、友達と彼女はドア越しに色んな部屋を覗いたが、全然他にお客がいなかったそう。
で、やっと部屋について「ゴチュウモンハ?」って女が言ったんで気分転換に食おうって話になり焼きそばとコーラを頼んだそう。

で、曲を選ぼうと本をみた彼女が「えっ!!何これ。古い曲ばっかしかないじゃん。アムロも朋ちゃんもないよ」って言って友達を見たそう。

友達がよく見てみると昭和時代の百恵ちゃんやキャンディーズがあったそうで「これ知ってるから俺歌うよ」っていって曲が始まった。

しかし、その画面に出てきた映像がナント白黒で戦争とか!!
「えっ、ここのカラオケってなんなの?!」って彼女とビビリ始めた瞬間、バンッッッ!!!
ってあの気味悪い女が入ってきて、無言でコーラと焼きそばを置いていったそう。

座って、友達がコーラ、彼女が焼きそばを食った瞬間!2人ともゲゲゲゲゲェェェェとはいたそう。

「何、これっ、この焼きそば、かび臭いっっ!!」友達はコーラがめちゃくちゃ熱かったそう。
別にネコ舌ではない。

「おいおい、ここヤベーヨ。出よう」(早く出ろよって感じ)って言って、先ほどの長く歩いた道のりを帰って言ったんだそう。
その道のりが長くてますます暑いんだそう。
モワァァァ、じゃなくてブォォォォってカンジで。
身体から湯気が立つくらい。

とにかくここを出なければ。
と友達は思っていたが彼女の方がダウンしてしまっておんぶして歩いたそう。
で、やっと非常口の緑色の明かりが見えたんでそこのドアを思いっきり開けて出てみたらどっかの線路の隣で「俺たち、今どこから出たんだ?」と思って後ろを振り向いたらぼろいコンテナがあったそう。

「おい、あんたらそこで何してんの?」って作業服きたおじさんが話し掛けてきたそう。

「あんたらここで遊んじゃだめだよぅ。たまにこのコンテナにラブホテルだと思ってカップルがやってくるんだけどさ、真夏なんて50度以上になるんだから。この前もここで2人の白骨死体がみっかたんだよ」って言われたそう。
友達はもう呆然として彼女は泣きじゃくって大変だったそう。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!