便器の神さんの恐怖

中学ん時の社会科の女先生の実話。
先生は山が好きで、ある年、春休みを利用して一人で登山に行った。
途中の山小屋で一夜を過ごすことになった。

小屋の管理人のおじさんがとてもいい人で、山の幸を使った料理とお酒を堪能した。
就寝前にトイレに行こうとすると、おじさんが「ここの便所には神さんがおる。すまんがトイレに入ってから出るまで、ずっと便器の中にいる神さんを見ててくれ。それがここの風習なんだ」と言う。

先生は言われた通りに用を足した。
就寝中、酒を飲み過ぎたのか、またトイレに行きたくなった。
また便器の中を見ながら用を足す。
ふと、用を足した満足感から視線を神さんから外し、上を見上げてしまった。

そこには女の顔が浮いていた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!