暗い森の恩人

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

俺が2年くらい前に体験した話。

俺は休日サイクリングするのが好きで家が川沿いにあるので、よくその川を上流に向かってサイクリングしてたんだ。
でも最近の川ってどこも塀と柵があるじゃない?しかもいきなり地下に入ったりするから単純に川沿いだけを狙って走っていた俺はかなり入り組んだ道を走ってたんだ。

5時間ほど行くと塀なんかがなくなってきたんだが、水量からして支流の方を辿ってしまってたらしい小川みたいな綺麗な川が遠くに見える小山に続いてたんだ。

じゃあ小山まで行ってみようと思って更に走ること1時間ふもとに着いた。
都心に近い所から自転車で来れる距離とは思えないほど田舎っぽい風景が広がっていて、家なんてほとんどなくてあるのは神社一つだった。

小山の入り口には俺の背丈くらいの草が生い茂っていて自転車で入っていくのは無理だと思った俺は、その場に自転車を止めて歩いて山を登ることにした。

少し進むと木に「イノシシ注意」という看板がかかってたので人の手はいくらか入っているのだろうと思ったが、板はかなり朽ちていた。

そのままどんどん山奥に分け入っていくと、昼間なのに背が高くそれでいて生い茂った葉のせいでかなり薄暗い森だった。
俺は方向の目安として小川に沿って歩いていた上から流れてくるのだから少なくとも上には向かえるだろうと思ってた。
小川はとても綺麗でサワガニなんかが結構いたのを覚えてる。

小一時間登ったところで頂上に着いた頂上には大きく平たい岩があってその岩のギリギリまで木が生えているから岩場に仰向けで寝ると空が丸くぽっかり見えた。

気持ちいいなぁ・・・とか思いながら、いつの間にかウトウト。
そしたらいきなり森の音が大きくなった。

木々が揺れる音や鳥のさえずる声木々の間を抜けてくる風の音すべてが拡張されて聞こえた。
周りを見るとかなり暗くなっていて、木漏れ日も差さないただ薄暗いだけの森になっていた。

寝過ぎたかな?と思い上体を起こそうとしたら足のほうに女の人が立ってる。
ビクッとしたがあまり怖い感じがしないというかよく見るとかなり幼い。
黒髪で色白なんだが、かわいいとかそういう感情が持てない。
目が怖かった・・・。
ただ見つめてるだけなのに、なんの感情も読み取れない目をしてた。
吸い込まれてしまいそうな黒い瞳から全く目をそらすことができなかった。

俺は勝手に人の私有地の山に入ってしまったのかと思い謝った。
するとその女の子は「頂上への道はたくさんあるけど麓への道はないのだから麓の方に案内してもらって降りてね」といって突然消えた。

今目の前で起きていることを整理しようと思って頭を働かせたところで目が覚めた。
そこで初めてさっきのがリアルな夢だったと気付いた。

周りを見ると真っ暗、何も見えない状態になってた。
これはやばいと思ってあたふたしていると、後ろに結構大きいイノシシがいることに気付いた。
今思うと真っ暗なのにそのイノシシだけよく見えた。

イノシシの前には枝が一本落ちていてまるで拾ってくれというようだった。
イノシシは全く動くことなく息使いも聞こえない。
俺は直感でその枝を拾って山を降りることにした。
何も見えなかったけどその枝を握っていると直感で方向が分かった。

直感というより確信に近い妙な気分を感じながら、どんどん山を下った。
こっちに決まってるじゃんというような感覚でどんどん下ることができたんだ。
不思議なことに全く木にもぶつからず倒木や根っこにつまづくこともなく麓まで出れた。

麓に出た瞬間、一気に頭が冴える気分がした。
まるで降りている間、催眠にでもかかっていたような気分だった。
降りている間はなぜか昼来たときの明るい山の光景だけがずっと脳内で流れていた。

そういえば全く考えることもなく降りてきたし、疲れてすらいないと思いながら後ろを見るとこれまた直感で目に付く木が一本あった。

木はたくさん生えているのだけどなぜかその木だけ目立って見えた。
近づくと下のほうの枝が不自然に折れていた。
まさかと思って自分が持っていた枝をくっつけると断面がぴったりと合った。

なるほど麓の方って”あなた”なんですね・・・と、木に対して素直に感謝できたのを覚えてる。

根本に枝を返して最後に山に一礼して帰ってきた。

これでこの話はおしまい。

女の子の服装なんだが質素な麻布を一枚身に着けているだけだったような気がする。
目にとらわれすぎて顔以外あまり覚えていないんだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!