白のアウディの正体

当時付き合っていた彼女を家まで送る途中、普段帰る道ではなく裏道を通って帰ることにしました。
その道は信号も無く家まで最短のルートでしたが、道幅が狭いのがネックでした。
ただ深夜ということもあり大丈夫だろうと、何気なくその道を選択しました。

途中、見とうしの良い橋のあるT字路を右折するのですがウィンカーを出してハンドルを切った位の所で急にヘッドライトが現れ、白いアウディ(ちょい古めモデル)が突っ込んで来ました。
見通しの良い所だったのでそんなはずは無いというのが正直な感想でしたが時すでに遅く、急ブレーキを掛け首を引っ込めた視界の隅には1メートル先に迫った車がありました。

「ぶつかる!」とっさに全身に力が入り目を瞑ってしまいました。

車はタイヤのスリップ音を残し停車し、その後の衝撃に備えていましたが何も音は聞こえてきませんでした。

「ギリギリで助かったか?」と思い相手の車を見ると、そこにあるはずの車が見当たりません。
道幅は狭いので自分の車の横を通ることはできません。
バックしたところで見通しが良いのですぐに見つけることが出来るはずです。

川に落ちたのかもしれないと思い車から降りて見に行きましたが見当たりませんでした。
心臓がバクバクしながら家に帰り、まだ起きていたオヤジにその事を話すと「寝ぼけたんじゃないか?」と笑われました。

1週間後運悪く駐禁で捕まり(地元で油断してた)警察署へ出頭した時に切符を切られながらお巡りさんに、「◯◯橋で白い車が突然飛び出してきたと思ったら消えた」と話すと、お前は寝ぼけながら運転してるのか?みたいなことを言われかなりムカついた。

すると、その横にいた刑事っぽい人(スーツ姿)がその話聞いた事あるなと会話に入ってきた。
以前、車が川に落ちたかもしれないと通報してきた事があり2、3回出動したと言う事だった。

通報してきた人は自分が体験した内容とほぼ同じ内容で、急に車が飛び出してきてぶつかったかもしれない、と言う内容だったそうです。
そして続けて「白のアウディだろ?」と言われた時に背筋が凍りました。
自分はその場で一度も白のアウディなんて口にしていないのに。

ちなみにその橋で大きな事故や死人が出た事はないそうです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!